2016年07月30日

2016年 釣り日記 32回 7月30日 和歌山

明石で釣った剣先を

天ぷらにして食べてたら

飯田からメール&着信

私は基本、家に居るときは

まったく携帯を携帯していない

なので気づいてからかなり時間が経ってから

気づいて電話すると

なんでも山本さんが明日、知り合いの船に

乗りますがど〜ですか?との

お誘いです

木曜の夜に明石で剣先

土曜の朝から和歌山で

そして日曜は宿直と

強烈なスケジュールと

自分の体力とを考えて

答えを出すのに0.5秒

「OK〜!!!」

んで朝の3:30寝床を起き出し

飯田をひらって小島漁港へ

狙いは最近釣れ始めた「太刀魚」

&「アジ」などなど

5:30過ぎに港に着くと

もうすでに用意万全で出船準備完了

船に荷物を乗せるとすぐに出船です

Sp7300241

船長は小島漁港に係留してる船を

譲り受けたとのこと

なんとも羨ましい〜

Sp7300242

小島漁港は小さい漁港で

出船すると直ぐに外海

太刀魚ポイントは目の前

いわゆる「スリバチ」

Sp7300243

プレジャーボートとミニボートが

ひしめき合ってます

今回お世話になった船長「森本さん」が

魚探を見ながら船をつけてくれて

スタート

Sp7300244

ですがど〜もイマイチで

早々にこのポイントに見切りを付けて

場所移動

淡路沖のポイントへ

こちらは遊漁船も加わっての

大混雑〜

う〜ん関西人は相変わらず太刀魚好きやな〜

さて

水深80m前後をテンヤに鰯を付けて

下ろして太刀魚家のチャイムを鳴らすと

すると直ぐに太刀魚から「ハイハ〜イ、どちらさん?」

って感じで返事あり

いわしの郵便で〜す、針付きですが・・・

受け取りのサインお願いしま〜す

「コン、コン、コン」

「ありがとうございました〜」

ってやり取りが

船長の森本さんにありました

Sp7300245

上がったのは指4本に満たない

アベレージサイズ

その後もサクサク釣っていきます

あまりによく当たりがあるので

仕掛けを見てみると

底にいわし付きのテンヤ

その60cm上に鯖の切り身付きの針

その上にライトがついてます

そっか〜

遊漁船じゃないから

「禁じ手」遊漁船ではタブーと

言われる様々なことができるんです

ってことに気づくのに

2時間ほどかかりました

トリプルフックにダブル針

取り敢えずライトがええんちゃうの?

ってことで

ケミホタルじゃなく

LEDの赤点滅をセット

すると当たる〜

バンバン当たってくる〜

んで

なんとか掛けれました

Sp7300248

こりゃどんだけ釣れるかな〜と

期待したとたん

切られました〜

しかもライトの上で

よってここからライトなし

これで今日の運が尽きた

飯田は私が釣った太刀魚と祭って

PEに傷が付いて高切れ

2本のアンチョビメタルを

早々にロスト

しめて3千円なり

3本目のアンチョビでかけたが

これが小さい

ベルト?いやいやサンマサイズ

Sp7300247

山本さんは太刀魚かと思ったら

大サバだったり

大アジだったりで嬉しいお土産

Sp7300249

Sp7300250

太刀魚も釣って3目達成です

10:00を回って五目狙いに

行きますが

根がかり連発で

アジの反応も悪く

再度太刀魚狙いへ

12:00ぐらいから

頭がクラクラ

こりゃプチ熱中症?

当たりも遠いし眠気は襲って来るしで

集中力が切れて

久しぶりに船で寝ましたわ

いつもはレンタルで船長をしてるので

寝るなんてことできないんですが

今日は眠かったら寝たらいいんです

昼からは

餌テンヤは厳しくて

飯田のアンチョビが好調

Sp7300246

餌には食いつかないが

目の前を通過するキラッと光るものには

反射的にアタックしてくるようです

私のテンヤでしゃくってみましたが

水切りが悪くて┗(;´Д`)┛超おもてぇ

「これ!買うでしょ!」(飯田)

「う〜ん出番がな〜」(私)

だって遊漁船ではなかなか使いにくいっしょ

Sp7300251

14:00納竿

結局持ち帰りは3匹リリースあり

飯田は結構釣ってましたが

リリースも多かったです

山本さんは太刀魚、大サバ、大アジ

森本さんは太刀魚多数でした

********

ps。やっぱり乗せてもらうのは楽〜

太刀魚ですがやっぱりライト必須

水深80mの深場ではライト勝負だ

アンチョビど〜しようかな〜?

posted by しおしだい at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

2016年 釣り日記 31回 7月28日 明石

数日前、ネットで釣果を検索してたら

フィッシングマックス垂水店の

スタッフ釣果

なんと明石付近で剣先イカが釣れてるようです

オカッパリから

剣先の数釣りができるのならば

行くしかないっしょ

そうと決まれば

行くなら早いほうがいい

仕事と天気と風を見比べて

木曜の夜に決めた

週末は絶対釣り人が多いでしょ

堤防で多いとお祭りするから

イライラ

金曜に休暇を取って

妻と行こうと誘いましたが

ど〜も腰の調子が・・・

なので一人で行きました

仕事終わって一度帰宅

前日に準備は完了させていたので

服を着替えてすぐ出発

途中燃料補給に神座へ

Sp7280235

うん、ウマイわ〜ここのラーメン

ちょい食べ過ぎて

いざ神戸へ

時間もすっかり遅いので

スイスイ行けて

明石市役所裏には21時ごろ到着

道路にはすごい車でちょいビビりながら

釣り場にでると

すごい人〜端から端まで

等間隔で竿を出してます

こりゃ諦めだ、なんで

しばし車で仮眠

早速寝てもうたわ

1時間ほど仮眠して

場所移動

S

明石漁港を覗いてみたら

ガラガラ

こりゃいい

湾内なので釣れるか?と

思ったのも束の間

2投目でシャクったら乗ってました

お〜釣れるやん

もう1ハイを1時間かけて釣り上げたが

0時を回ったので

そろそろ市役所裏も空いてきたかな〜と

再び戻ると

Sp7290237

あんなにあった車がガラ〜ンとしてます

流石に0時を回ると人も減ってきました

もしくは釣れてないのか?

ま〜すっかり投げやすくて安心して

釣りスタートで3投目

ククッとアタリ

Sp7290236

釣れるやん!!!

しかも今日は緑赤のワームスッテ

自作したのはカラーがイマイチだからか

緑赤とかグロー系がよく当たりました

3時までポツリポツリと釣れて

体力と眠気の限界で

納竿

結果は8杯

Sp7290239

初めてにしては上々ですね

そんなに難しい釣りではないので

オススメですよ

Sp7290240

ポイントは

エギングロッドよりメバリングなどの

柔らかい方がアタリが取りやすいですね

人が少ないと潮上に投げて広範囲に探れますが

混雑時は早々に手返しを打つ必要が

あるのでやっぱり

平日の夜がオススメ

エギもスッテも小さめで

タナを早めに把握して

小さいアタリを上手にとっていく

のが数を伸ばすコツのようです。

今日はサイズが小さかったけど

沖向きは結構大きいのも

混じってたので

これからが楽しみですね〜

posted by しおしだい at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

おっぱいスッテ自作 第二弾

この前たっちゃんが小浜で

たくさん釣ってた「おっぱいスッテ」

前にも作ってみたが

なんだかイマイチ

釣れるには釣れるが

・・・・・・・・

そこで

考えた

あのプニュプニュ感を再現するのは

やはり難しい

そうだ、ワームを使っちゃえ

間違いない

この感触

おっぱいスッテそのものじゃないか

んで

Sp7240225

まずは材料ですが

ステン0.8mmとワーム

このワームは付け替えしたいので

取り替えできるように

ステンを加工

Sp7240226

カンナを入れて接着

Sp7240229

長さに合わせてワームも

カッティング

Sp7240230

ヘッド部分とカンナの後ろに

浮力を付けて沈めてみたが

Sp7240231

う〜ん、ちょっとバランスが悪そう

Sp7240232

後ろの浮力を取って

ワームの尻尾を付けた

Sp7240233

うん

こっちのほうが良さそうだ

ヘッドを蓄光させて完成〜

Sp7240234

さ〜おっぱいスッテ第二弾

ど〜かな〜

まずは胴付仕掛けの1本に

入れてお試し期間です

posted by しおしだい at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

2016年 釣り日記 30回 7月23日 和歌山

今年30回目の記念すべき釣行は

淡輪から出てる「白墨丸」さんです

Sp7230214

今年から営業開始して

中地と大河内は既に2回乗船

仕立てたのでど〜ですか?と

声を掛けていただいた

タイラバでなかなかの釣果が出てるので

久しぶりにタイの刺身を食べたくて

数日前から仕掛けの準備をやって

当日です。

4:30出船なので

会社を2:00出発

1時間半で到着すれば

当然ながら真っ暗け

Sp7230213

漁港なのでアジングしてる人が数人

私は竿に糸を通しながら

待ち時間を過ごす

すると今日のメンバー5名のうち

4番目の釣り人が到着

しかし4:30になっても5人目が

連絡とれない

中路曰く

最後のメンバーは

サンライズ高槻店の人で

一度寝ると起きれない人らしい

だから寝ずに行きますとのことでしたが

ど〜もどこかで寝てる様子

中路が頻繁にLINEで連絡とるも

繋がらない

いよいよ置いといて出るか?

ってなった時に連絡ついて登場です

なんでも前のりして

漁港でアジングしてたらしいんですが

あまりにアジが小さいので

寝てしまったらしい

う〜んわかる気もするが

こまったもんだ

ま〜なんとかメンバーも揃って

Sp7230215

出船

新型艇だからか

めっちゃ早い

バンバン追い抜いてポイントへ

向かいます

Sp7230217

Sp7230218

夕方から南風が入り込む予報なので

朝勝負だ

友が島周辺、北側で釣り始める

今日は80gにドラゴンテール&エコギアアクア

付けてみて水面で軽く流してみると

ええ動き〜

取り敢えずグリーン系のドラゴンでスタート

底を取って巻き巻き

底を取って巻き巻き

う〜ん当たらないな〜

底から15m

コツン

コツン

・・・・

ガツン

キタ━(゚∀゚)━!

(*≧∀≦*)船中1匹目

40cmのタイ

Simage260

いや〜最初に釣ると

気持ちがいいというより

ホッとした〜

ゆとりが出るわ〜

私はゆとり世代ではなく

バブル世代だ

または新人類だと言われた世代

うん たまは好きだった

さ〜バブリ〜に釣って行こう

・・・・・・・・・・2時間経過

渋い・・・

なかなか2匹目が出ません

ソルティベイトをやってみたりも

するが

反応がない

何度目かの移動で中路が

チリチリチリ〜

竿もええ感じに曲がってますが

ど〜もタイっぽくないと

中路

でも上がったのは

50超えのタイ

Sp7230219

Sp7230220

Simage259

 

ちょっと横に走ったので

サゴシ?と思ってましたが

良かった〜

しかし今日は本当に渋くて

アタリは大河内にエソと

タイのバラシ

サンライズ店員、甘南備さんは

ESO(エソ)のアタリのみ

溝口さんも同じくで

皆あの手この手を繰り出しますが

なかなか鯛が口を使わない

でも最後のポイントで

甘南備さんが乗せた

ドラグが滑って

上がってきたのは

59cmのタイ

Sp7230221

Sp7230222

なんでもタイラバで釣った

初タイなんだって

こりゃメデタイ

Sp7230223

Sp7230224

Simage261

このあと強烈な二枚潮になり

お祭り連発

ノーサイドのホイッスルが鳴りました

今日はどの船も苦戦してたようで

ま〜こんなもんでしょ

一人1匹は確保したかったですが

こればっかりは仕方ないね〜

大河内はバラシ連発で反省しきり

船首で一緒になった甘南備さんは

気さくな人で

なかなか話も盛り上がって

楽しい釣りになりました

(釣果は別にして)

釣れないまでももう少しアタリが

あればな〜

posted by しおしだい at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

2016年 釣り日記 29回 7月16日 明石

梅雨明け間際のこの時期

やはりタコですね

今回は俊郎丸さんにお世話になります

いつもは80歳を超えた

俊郎さんの仕立てに乗るんですが

ついに今年で船を降りたようで

今回から乗合にしてみました

師匠と野崎、有澤さんと相方の5名の

予定でしたが

二日前に師匠の奥さんの調子が

悪くなったので急遽キャンセルして

4名で出船です

タコ釣りの出船は早い

4:30出船なので4:00には

着いておきたいが

家を2:20に出て野崎をひらって

港に着くと4:10

有澤さんが受付やら駐車場の確保やら

やってくれてたので

助かりました

多分わたしと野崎が最後で

乗った瞬間岸を離れた

Sp7160203

大急ぎで乗り込んだから

竿に糸は通してないし

仕掛けの準備もやってないので

ポイントまでに海も見ずに

作業です

Sp7160202

タコポイントは

近いので、準備完了したと同時に

到着です

Sp7160204

電動を使おうと思ったら

電源が来てない・・・・

ま〜手巻きでやっても水深10mほど

なんとかなるさと

仕掛けはこちら

Sp7160201

作ってきたタコエギでスタート

スルスルと降ろして

竿先を上下

あたりがあると

グ〜と重くなるので

エイヤっと合わせます

そうすればタコが海面に

見えてきました

お隣の達人に・・・・・

このお隣の達人

なかなか上手い

バンバン釣ります

竿?仕掛け?

こりゃタコエギでの釣り方の

勉強になります

あまりによく釣るので

海を撮るフリして

こっそり竿を撮影

Sp7160212

プロックス(PROX)
CX攻技蛸TE M−175

仕掛けは蛸墨族のタコエギの

イエロータイガー

リールは手巻きの小さなものでした

私のタックルは太刀魚竿で

お隣よりもやや柔らかい

合わせも弱くなるかな

これだけを観察するのに

すご〜い時間がかかりました

(釣りながらだからね)

そんでタコエギは目立ったもん勝ち

これがまずは結論

たくさんの仕掛けが降りてきたら

やっぱり目立ったものを

触りに来るようです

それに気づいてエギからスッテに

変えてみた

Sp7160205

これでアタリが出始めた

でも針の返しが小さいから

海面のところでよくバレる〜

この仕掛けは良かったんですが

根がかりでロストしてからは

有澤スペシャルのエサ釣りに変更

Sp7160211

タコエギは朝が良かったようで

お隣も根がかりでロストしたあとは

釣果がスローに

そんな中、有澤さんに

大きなアタリ

Sp7160207

Sp7160208

Sp7160209

う〜ん羨ましい

電動リールがうなって

上がったのはkg越え

やっぱり電動が欲しい〜

Sp7160206

野崎は不調〜

何を血迷ったのか

お弁当から落とした唐揚げを

付けて下ろしたりも

Sp7160210

やってみたが

悲しき4匹

私は13匹

有澤さんは25匹ぐらい

N西さんは10匹ぐらいでした

帰って糠でタコを揉んでたら

ど〜も体調が良くない

熱を測ったら38度でした

う〜ん

しんどかったのは熱のせいか〜

「自業自得!釣り行き過ぎ!」(娘より)

PS. タコエギとドロンパの釣果結果は

タコエギ3杯、スッテ5杯

餌釣り5杯(内ドロンパ&イワシ1匹)

でした

う〜んドロンパの出番はないかも

タコエギ、スッテに方向決定だわ

posted by しおしだい at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

タコエギを自作してみた

今週末は明石のタコだ

そのためにこの前

ドロンパを自作

今年の明石タコは

革命が起こってるようで

「タコをエギで船から釣ろう」

フィッシングショップに行くと

入口の一番目立つところに

ど〜んと

コーナーが設置されてます

私が思うにタコはそんなに繊細じゃない

(勝手に思ってます)

よって自作の効果がとっても

出やすいカテゴリー

(勝手に思ってます)

そこでタコエギを自作しよう

基本、姿勢やバランスは気にしない

だから

使わなくなったエギの出番だ

Sp7040155

昔むかしに買ったダイソーエギ

それに前ボートオーナーの置き土産

最近では滅多に見ない

胴の真ん中に蝶番が付いてて

パタパタお尻を振るエギ

このガラエギ達を使って

やってみます

まずはカンナを抜きます

押すなよ押すなよと言うエギを

熱湯に突っ込んで5分

Sp7040156

カンナの根元をニッパで挟んで

スルッと抜きます

Sp7040157

お次はタコ用のカンナを作成

数日前に買った

Sp7080178

ボラ用針をハンダで溶かしながら

針先を回転

Sp7080159

お好きな角度に調整して

熱湯風呂が冷めた水にドン

それをエギのお尻に合うように

穴を広げて

エポキシボンドで接着したら

Sp7080162

ハイ(^-^)/完成

私の感じでは

Sp7080163

Sp7080164

金色のエギがええ仕事しそうに思える

ドロンパとこのエギで

30杯はいただきだな

posted by しおしだい at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

2016年 釣り日記 28回 7月9日 小浜

「アメリカで黒人男性が相次いで

 警察に射殺されるなか、南部テキサス州で

 警察官5人が銃撃されて死亡した事件で、

 容疑者は地元に住む25歳の黒人の男だった

 ことが分かりました。警察は、男が警察への

 怒りを募らせ犯行の計画を練ったとみて調べています。」

この容疑者の名前が

マイカジョンソン容疑者

Img_3505f191c3ab323565a75a8967720_2

なんとこの容疑者が日本海にて

最近、多数目撃されているらしいのです

そこで

やってきました

「谷久」

14:00出船ですが

席は早いもの順という

椅子取りゲーム的な要素を船釣りの

システムにふんだんに取り入れた

お客泣かせのシステム

8:30土砂降りの京都を

出発

雨男のたっちゃんと飯田の3人で

マイカジョンソンの捜索に向かいます

一人30ジョンソンを目標に

プラント2で昼、晩の買い物を済ませて

マリーナに11:30到着

んで

「席とり」はすでにコーナーは

押さえられてます

Ssp7090167

う〜ん、やはり皆さん早い

3人並んで右舷を確保

買ってきた弁当を食べて時間待ち

Ssp7090165

Ssp7090166

やはり土曜日だからかな

14名のご乗船で

満席です

ってか

多すぎ

お隣が1mでは厳しい釣りになりそうだ

さて

心の中とは裏腹に

空は朝の雨が嘘のように晴れわたってきた

Ssp7090174_2

Ssp7090175_2

定刻の14:00出船

沖のポイントへ30分

アンカーを入れたら五目スタート

本日のタックルは

いつ買ったか忘れた

VIC150

Ssp7090176

Ssp7090177

イカ釣りメインの竿です。

錘60号で早速やってみますと

やはり潮が流れてお祭り騒ぎ

特に五目釣りの時は

撒き餌かごを付けるか付けてないかで

流れ方が大きく変わります

お隣とご相談の上

錘調整が必要ですね

なんとか下まで仕掛けが降りたら

今度はエサ取りの嵐

5秒で餌が無くなります

お隣さんがウマヅラを上げたので

沸いてるようです

そんな中私に30cmほどのアジ

勿論たっちゃんとお祭りしながら

上がってきました

Ssp7090179

いや〜手返しが悪い

ポツリポツリアジが釣れるが

ど〜も私のアジがトップで

あとはドンドン小さくなり

生き餌サイズに

Ssp7090178

生きアジを一番下に仕掛けて

「葛饅頭」

Ssp7090181

夏はやっぱりこれだな

たっちゃんはガシラやらベラ

金魚に小アジ、オキアミサイズのトラギスで

めでたく五目達成〜

飯田は最初にアジをバラしてから

大きなアタリもバラシて

Ssp7090184

連発のバラシで意気消沈し

やる気が無くなったかとおもえば

移動の時でも錘片手にスタンバイ

Ssp7090182

Ssp7090183

「やる気、元気、根気」

船長も何度か打ち直すが

時間が経つほどにアタリが

遠のき皆さん五目からイカへ

Ssp7090185

Ssp7090186

仕掛けチェンジ

船長もその動きを察してか

イカポイントへ30分滑走

Ssp7090188

ももなく闇夜に包まれる

小浜の浅場でもイカ釣り船がライトオン

アンカーで最初やってみるも

ラインが斜めに

そこでシーアンカーを入れたら

ほぼ真っ直ぐに下り始めました

錘60のまんまで底から探ってみる

私のお隣さんはなかなかの上手

今日の釣りパターンを探りながら

情報交換

しかし今日は群れが小さい上に

タナもブレブレ

ブレナン博士(ボーンズですね最近ハマってます)

こういうダジャレを言うようになったら

オッサンだそうです

ま〜オッサンですがね

30m前後で釣れたので

イカメタルもスタートするが

なかなか乗れない

その上たっちゃんと祭るし

Ssp7090189

ま〜胴付とイカメタルもだした

私が悪いんですがね

たっちゃんゴメンm(_ _)m

結局イカメタル断念

だって60mラインで当たるので

流石にイカメタルでは厳しい〜

今日は胴付のダダ巻きではダメ

胴付でもしっかり合わせと

誘いを入れないと

乗りませんね〜

タナがわかればそこでジッと

止めておいて

時折シャクルってのもあり

たっちゃんはアタリ棚の前後を

超スローで巻き上げでアタリは

取れてます

Ssp7090190

タナを聞くといつも60mって言ってます

しかし乗せてからが

難しい

船べりで仕掛けを手繰り寄せてる時に

緩めたり

イカの噴射を腕でさばけないと

さよ〜なら〜

横で見てる限り

たっちゃんはかなりバラしてました

Ssp7090192

Ssp7090193

船べりの捌きが上達すれば

私を抜けたのに〜

たっちゃんは12ジョンソン

飯田は「×」

Ssp7090191

特に胴付はサッパリ

ダダ巻きでやってたからかな

釣果のほとんどはイカメタルでした

10ジョンソン中8ジョンソン

メタルだったそうだ

最後は60mまで下ろしてたそうだ

私の釣果は15ジョンソン

Sp7100195

30cmが2杯とサイズが大きいので

まずまずですが

イカメタルで釣りたかったかな

Sp7100197_2

(上の写真のサバは

スッテを丸呑みで上がってきたので

捌いてやったっぜ〜)

やはり土曜は人が多い上に

船もたくさん出てるので

群れが散ってキビシーですね

胴付とイカメタルのハイブリットを

考え出す必要があるかも

60〜80号でアタリをとって

しっかりかけるタックルを検討だな

posted by しおしだい at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

フィッシングエイトのセールです

今日は夜勤明けで

昼から半ドン

妻とランチを済ませて

その足で

フィッシングエイトへ

店内ほとんど10%引き〜

そこで、前々から買いたかった物を

まとめ買い〜

では紹介スタート

一つ目は

ソルティーベイト

60gと80g

Sp7080169

レンタルボートでタイラバをやってると

ど〜してもドテラで流したくなる

あまりにも潮や風がきつい時は

シーアンカーを入れるけど

それでもラインが斜めに出て行ってしまうと

タイラバでは良くない

そのときはインチクの方が

釣果が伸びるらしいので

この2セットを購入

二つ目〜

こちらは団酸に教えてもらった

タングステンのIKAMETALSUTTE

緑白の10号

それとYO-ZULIの復刻版

四ツ目のピンクボディ10号

Sp7080174

明日、小浜へ夜釣りに行くので

そこで試し釣りやってみますが

10号の棚までマイカが浮いて

来てくれるかな〜

Sp7080180_2

雨だけど波はなさそうなので

楽しみです

3つ目〜

エコギアのエコギアアクアシリーズ

「海老」と「鯛ラバ」

Sp7080175

海老はひとつテンヤの海老の代わりと

タイラバにも使ってみよう

「タイラバ」は

勿論タイラバ〜

4つ目〜

タイラバスカート

ハヤブサのドラゴンカーリー

グローとオレンジ

Sp7080176

今月末にタイラバに行く予定なので

こちらも試してみます

5つ目〜

この前妻と行って

マゴチが釣れたので

追加購入です。

マッチョスリーパー10gと14g

Sp7080177

6つ目〜

来週にタコ釣り行く予定なので

それにあわせて

タコエギを自作するため

針を買いました

Sp7080178

それとタコスイベル

いや〜

ようけ買ったわ〜

しめて8000円也〜

posted by しおしだい at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

ワカサギ仕掛けを作る

もう梅雨明けしたやろ〜(怒)

暑い、暑い、暑い、暑い

あ〜イライラする〜

熱中症だろうか

頭も痛い

こんなに暑い時は

冬を思い浮かべて

仕掛け作りだ

クーラーに入って

ワカサギ仕掛け作りに精を出そう

シーズンインすると

ワカサギ釣りの回数が多いので

仕掛けの消費が激しい

だから

そろそろ地道に作って行かねば

今までは枝間隔や枝の長さなんかも

ええかげんにやってました

正直枝間隔が9cmでも11cmでも

釣果に大差ないように思いますが

では

なぜ10cmにピシッと作りたいのか

それは仕掛けを収納するのに

便利だからです

そのために

下記の器具を作った

Sp6260132

モチロン先人の真似

先人は1mものですが

私は持ち運びを考慮して

30cm

左端にモトス止めを設置

Sp6260133

枝を1cmと2cmの目印で

これで1.1mの長さに

10本バリ、枝間10cmで

Sp6260134

簡単に作れそうです

posted by しおしだい at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

2016年 釣り日記 27回 7月2日 和歌山

7月に入ると

和歌山でアカイカの便りが届きます

ま〜今年は台風も来てなくて

例年とは海の中もちょっと

違ってるようです

なんたってもう日本海で

マイカが大漁〜

日本海もいいが今回は和歌山

数週間前に

中路が和歌山の代々丸を

仕立ててくれました

当日は天気はいいが

南風が前日から吹いてて

波が心配

18:00出船なので

余裕を見て会社に13:00

7名集合

2台に分乗して

和歌山の南紀白浜へ

高速が通ったので数年前と比べて

快適に港へは16:00すぎに到着

Sp7020148

糸を通したり

準備をしてたら

大阪ミナミ組の2名が到着して

本日の9名が集合しました

Sp7020149

代々丸本船はすでに出船中で

別船の船が港にありました

今日はこちらの船です

船長も到着して

18:00ちょうどに出船

Sp7020150

ここ代々丸のある港は

湾奥にあって

外海に出るまで

Sp7020151

ちょっとジャングクルーズっぽい

あの半島をまわったら

象が水浴びしてるかもね〜

122798

とか

原住民がいるかも

な〜んて言ってたら

Sp7020152

外海が見えてきました

遠目に見る限り

波はなさそう

風は・・・・

Sp7020153

先に言っときますが

最近ど〜もデジカメの調子が悪い

フラッシュが光らないので

夜の写真はありません

あしからず

その代わり手書きの絵で

説明しようと思います

釣り座は下です

Photo

さて

最初のポイントまで

南へ30分

土日だからでしょう

かなりの船がポイントに並んでます

水深40m

ドテラで流します

私の最初の仕掛けは

オバマリグの上に3方向ヨリ戻しを

付けてエギ1号

次に浮きスッテ

15号の鉛スッテ

ベイトリールでやってみます

すると直ぐに飯田が上げた

棚を聞くと一番底

野崎もキムも釣れて

私も乗りますが足のみで上がってきます

2度足のみで上がってきて

ど〜もドラグがきついのかな

なんとか1杯上がったけど

なかなか伸びない

ポイントを再度移動して

35mへ

たまに釣れてくるが

サイズが小さい

野崎は隣でマーライオン状態

Imagesa58jnqj2

ちょっとうねりがあるから

しんどかったかな〜

ま〜その割に

たまに出てきては釣ってたので

お土産はあるからいいか

んで

ここで仕掛けとタックルを変更

サイズが小さいし

あたりも小さいので

スピニングのメバリング竿

仕掛けは水深が浅くなったので

10号ぐらいに

ただ

底に10号ではなく

直結仕掛けの合計10号ぐらいにしました

合計ってことは

こんな感じ

Photo_2

これが大正解です

Rt_00465713_2

直結なので小さなアタリが

竿先に伝わるし

それを取るための

柔らかいメバリング竿

鉛スッテを分けることにより

シルエットが小さくなるので

小さなイカには効果抜群

特に3号のオーシャンナイトジュニアが

ヒットスッテでした

23:00の納竿まで

快調に釣れ

合計30杯でした

Sp7030154

前半の不調がもったいなかったな〜

竿頭は飯田の33杯

Rt_00465713_1

中路も29ぐらい

キム15、野崎6、大河内は22

サイズがもう少し良ければ

満足できるところですが

こればっかりは・・・

でも紀伊長島の剣先経験が

生かされてる感じです

そうそう

自作したスッテですが

釣果は「ゼロ」

やっぱりダメなのかな〜

とは言うものの

その他のスッテもダメだったので

次回、グローを塗って

最後のチャンスをやろう

「いいか!俺は気が短い

 結果を出せ!

 出せなければ

 わかるな!」と

ギャング映画に出てきそうなセリフを

スッテに話しかけてやったぜ

posted by しおしだい at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。