2018年11月24日

2018 陸タチウオ振り返り

今年もあと1ヶ月ですね〜

今シーズンは妻と何度か

陸タチウオに行ってみて

良かった釣果

反省の釣果

振り返ってみて

来シーズンに向けて

仕掛けを考察してみた

答えから言うと

いかに仕掛けを長時間

海に入れておけるのか

太刀魚の時合いは短い時もある

そんな時にエサを解いて巻いてると

時間の無駄

「海に仕掛けを入れてる時間と

 釣果は比例するのですよ」

って誰かが言ってました(遺留捜査の糸村さんね)

ではどうする

沖堤防に行った時に

常連さんがやってたように

エサをつけた仕掛けをたくさん用意しておく

どじょうなら餌もちいいので

ええんですが

食いはやっぱりイワシですね

んで

3連休の初日

日本海が荒れてるので

イカ釣り中止にして

仕掛けを作った

数日前に届いた

土肥富のテンヤ針

s-IMG_20181123_150304.jpg

四季の釣りで

「ど ひ と み〜♫ ふ〜」

ってあれです

なんとフッ素加工

いる?

って感じですが

針先に違いが出るのか?

10本送料込手数料込んで1200円ほど

s-line_1542967935124.jpg

アクセスフックのトリプル

自重を7〜9gに合わせます

s-IMG_20181124_113828.jpg

なぜか?

それはウキの3号仕掛けでも

テンヤ釣りでも使えるように

するためです

いわゆる両刀使い

マツコデラックスなのです

s-IMG_20181124_125202.jpg

10セットを時合い前に準備しておいて

釣れたり、えさ取られたりした時に

さっと取り替えて

すぐに投入できます

s-IMG_20181124_125209.jpg

浮きの針仕掛けも用意しますが

基本この仕掛けで

やってみようと思います



posted by しおしだい at 20:18| 京都 ☀| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。