2010年12月23日

2010年 釣り日記 30回目 12月22日 加太

年末も押し迫ってきました〜

2010年もあとわずか

今回は「釣り忘年会」を開催しようと1ヶ月ほど前から計画

1泊しての釣り旅行にしようと考えましたが

日本海は船が出れるかがあやしい〜

まっ結局毎年の和歌山、加太となりました

船は「三邦丸」さん

この船では今は「カワハギ」を専門船でやってます

本当は正月の鯛を狙いたかったんですが

毎年毎年撃沈続き

期待薄〜なので

今年はこのカワハギを狙ってみることにします

カワハギと言えば「肝」

この肝を食べるために釣る人がいるくらいの肝人気

冬の人気は今の嵐人気に匹敵するかも

それが我が家では人気薄

ネットでレシピを調べて一通りチャレンジしてみましたが・・・

ですが、今回釣れればもう一度肝の酒蒸しをやってみようと

思います。いわゆるリベンジです

そこでメンバーは、朝倉さん、谷さん

てっさんも誘いましたが先約があったようで「×」

結局てっさんは電車のホームから落ちて緊急入院なので

行けなかったんですがね〜

そこでたっちゃんと藤原さんを正月の鯛釣りだよって誘って

いざ出発

9時から16時までの7時間1っぽん勝負です(なにが?)

前日の予報を確認すると波1m

しかも朝に小笠原諸島で地震があったみたいで

津波警報!!

天気は雨から曇りに好転したのに〜(−−)

5時に我が家を出発して

Vfts0058 各家をまわって加太に着いたら8時

小雨ですが風がきつい

漁港の中は波も静か

竿を立てて

準備万全です

久しぶりの三邦丸

この船は電源がないので

バッテリーを持参せねばなりません

今日は水深30mほどなので

電動でなくてもいいんだけど

この前買ったリールを試したかったんです

Vfts0059 この人が買った電動リールを

どうしても使いたいって

言うので・・・

どっちにしても

バッテリーは必要

赤い帽子に気合が伺えます

今日の船は餌がもらえるんですが

アオイソメだけ

そこで船のおばちゃんが「生アサリ」があるよ〜と

船が出たら買えませんだってさ

Vfts0060 う〜ん 相談して2パック購入

家から持ってきた「赤タン」を加えて

準備ok!!

この赤に食いついて来〜い

Vfts0061 ついでに釣れて魚を入れておく

桶もセッティング

大小があったので

大漁を祈って

大 をチョイス

帰る頃には

カワハギでいっぱいになってるはず

さて出船しましたが早速

Vfts0062 師匠がコーヒー牛乳

いやいや 鬼殺し

ストローでチュウチュウー

師匠も準備万端です

奥の谷さんは

トリスの小瓶をグビッと

飲んでは胃が熱い〜と

言ってます。

師匠の服装は完全冬支度(そりゃそ〜か)

ここで仕掛けの話ですが

数日前に不参加のてっさんが

このカワハギ釣りに参加したらしく

その情報では、てっさんは胴突きだったんやけど

船首の常連さんは天秤でバンバン釣ってたようです

てっさんは6匹だったようで

ぜひ天秤がいいよ。とのことでした。

そこで、諸先輩方はもちろん天秤

初心者並みの二人は胴突き(お祭りが心配)

枝は30cmですのでもしかして鯛が釣れるかも?

なんて期待を込めて仕掛けを渡しました

私は天秤です

ポイントについて1投目にたっちゃんにあたり

お〜と、いきなり本命か?っと期待を込めて見てたら

Vfts0063 「ベラ」でした

写真ではわかりにくい

ポイントを何度か移動しながら

Vfts0064 なんとか1匹私が釣り上げましたが

なかなかあとが続かない

天秤のアオイソメにはトラギスがバンバンかかります

アタリがあって巻き上げる途中で

引きがまったくありません

・・

Vfts0065 おひさまが出てきましたが

右舷側はず〜と影

寒い〜

ちょっと移動するときに

Vfts0067 わずかなぼっこ

[E:impact]

[E:sun]

おひさまってありがたい

釣れない時間が長いから

集中力もなくなってくるし

寒いしで

悪循環

Vfts0068 天気はこんなに良くなってきたのに〜

さっぱり釣れません

これが加太なんだ

でも左舷の人は結構釣ってます

我々が下手なんかな〜

残り1時間でたっちゃんと藤原さんはカワハギボーズ

そこで藤原さんは天秤に、たっちゃんには胴突き超短ハリスに変更

Vfts0069 なんとか藤原さんが1匹釣り上げました

[E:scissors]

ちっちゃい〜

でもうれしい

16:00終了〜

みんなの釣果は

私が8匹

師匠と谷さん1匹

藤原さん2匹

たっちゃん3匹でした

ま〜こんなもんかと

宿泊場所に

大宴会で飲みすぎました

次の日、谷さんから話を聞くと

終了30分前にお祭りしてリールにPEが絡んでしまい

泣く泣く切断

帰って修理せな〜って言ってて

リールを見せてもらったら

PEが糸止めに掛かってました

そりゃ巻けへんわ〜

3秒で修理完了でした

我が家に帰って

カワハギを捌きましたが

肝が少な!!

ぜんぜん肝パンじゃないやん

Vfts0070 10匹分をかき集めましたが・・・・・

鍋で身を楽しみます

posted by しおしだい at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

2010年 釣り日記 29回目 11月21日 小浜

いや〜天気が良さそうです

月曜も休暇を取って日曜か月曜の天気のいい日に出船しようと

朝倉師匠、谷さん、八方さんで計画を練り練り

予報とにらめっこすると

日曜の本日が最高の天気

朝の5:00いつものように我が家を出発

朝もやの中7:30出船です

天気のいい日はいつも小浜は霧の中です

出船が心配になるくらいの霧ですが

マリーナに着くとめっちゃ快晴で遠くまで見晴らしよし

Vfts0026 今日はとまず宿題のエンジンシリアルナンバーを確認

燃料フィルターを交換しようかな〜と思い

京都の取り寄せ店に行くとシリアルナンバーは??って

そんなん見たことありませ〜ん

今度小浜に行ったときに確認してきますってことで

朝一番確認作業(ま〜写真撮るだけですけど)

よっしゃそんじゃ行きましょか

Vfts0028 見てくださいこの天気

最高〜

ボートの中が

湿気でびちょびちょ

窓も曇って

タオルで拭き拭き

朝はまださぶいです

ですが、運転席は快適快適

音楽のleccaを聞きながら

のりのりでポイントに

Vfts0029 後ろのゲストは準備にいそしんでます

湾内は当然ベタ

快調に湾外へ

朝はちょっと南風が

きつくって

ポイントに着くと

風と波が弱冠あります

アンカーを入れましたが

仕掛けを降ろすも「し〜ん」

八方さんがチンしそう

なので、風裏に向かってNグリに

Vfts0030 さすが風裏ベッタベタ〜

いい写真でしょ

幻想的〜

青、蒼、あお・・・わお

この写真

本当は

釣れた魚(金魚)をポイポイっと

捨ててました

よって点々と金魚が

浮いてるんです

入れ食いなので等間隔に浮いてるんですよ〜

ここでは、アンカーを何度か入れなおしながら

ウマズラやガシラゲット

八方さんが27cmのガシラを釣って

船内が盛り上がってきました

Vfts0032 でもほとんどがこれ!

金魚

金魚

金魚

ウマズラ

金魚

金魚

金魚

ガシラ

金魚

金魚

ヒメ

金魚

「も〜また キンジョ(キンギョ)迷惑やわ〜」っとでました

「師匠〜」「すばらしい〜っす」

さすがウイスキーの小瓶が空になってるはずですわ

舌も絶好調っすね

Nグリも小物ばっかりになったので

ここで場所移動

すっかり凪になったので最初のポイントへ

Vfts0033 よっしゃここで必殺の餌

海鮮BBQ1年もの

去年のBBQで

持ってかえってフライにしようと

してみたものの

味がイマイチなので

冷凍庫で眠ってたものを

持ってきました

(妻がジャマってことで)

15cmのえびで釣れる??

いやいや、誰もしたことがないから

試すのです

ま=結果はかじられはするものの

針にはかからずでしたが

たぶん ウマズラがつつきまくってたと思います

竿先はプルプル コンコンしてましたから

Vfts0034 ここでもウマズラの猛攻ですがNグリよりは

サイズアップ

またもや八方さんが

33cmのウマ

こりゃでかいっすよ

お腹もパンパン

刺身できそうですわ

鯛が欲しいと

4人のおっちゃん達はがんばりましたが

結果 チャリコでした(涙)

Vfts0035 本日釣果は

チャリコ、ガシラ

アコウ、ハタ、ウマズラ(多数)

でした

ウマは捌いた後なのです ハイ!

だって家でするとくさいっしょ

posted by しおしだい at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

2010年 釣り日記 28回目 11月14日 泉佐野

Vfts0021 今日はちょっと浮気して泉佐野の太刀魚を狙いに行ってきました

お世話になった船は

泉佐野の「海新丸」

6:30出船です

まだ日も上がってませんが

船は北海道仕様って事で

揺れに強いんですって

写真ではわかり難いですね

今回のメンバーは朝倉師匠と四之宮さん

今日泉佐野にしたのはわけがあって

去年も参加した会社の親睦「地引網」が岡田浦漁港であるので

こちらに参加するには大阪湾の釣りがベスト

地引網までの時間を釣りで過ごそうというのが狙い

そんでもって帰りに海鮮バーベキューをちゃっかりいただいて

帰ろうと言うのが今日一日の計画なんです

去年は前泊しての気合の入れようでしたが

「加太」で撃沈

今年は土曜に妻の母の3回忌

さすがにそれを無視しては行けないので

宿泊はやめにして当日の朝釣って行く事でメンバーの

了承を得ました

行く前までのHP情報では10匹前後が竿頭

「う〜ん もうちょっと欲しいな〜」

サイズが納得の太刀ならいいんですが〜

今日の釣果を祈りながら6:20出船

一路、須磨沖のポイントへ

1時間ほど北北西に行くと

Vfts0022 そこは船団パラダイス

船、多すぎ〜

明石から淡路から

泉佐野から

このポイントにやっくるみたい

見慣れた船も

あちらこちらに

水深は60〜90m

船は潮に流されるので

船頭さんは忙しいですね

明石にボートを置こうかとちょっと考えてましたが

こりゃ船頭は釣り出来ないわ

アンカー打ってのんびり釣りする小浜が

我々には合ってそうです

太刀は1投目から入れ掛かり

爆釣モードで船内は大騒ぎです

ちょっと波があって女性のお客さんは

ダウン、ダウン

もったいないですね

こんな日はめったにないで〜って船頭さんも行ってます

ストップフィッシングは12:00

それまでアタリは続いて

クーラー満タン

Vfts0024 手釣りの先輩二人はちょっと疲れ気味

師匠は「腕が痛い〜」

この船では40号のシングルフック

ダブルは禁止〜

って師匠も私もダブルしか持ってないやん

私は仕方なく30号のシングルフックに10号錘を付けました

エギのシンカーみたいにネ

今日は食い気があったのか

ケミ無しやし、5年前の仕掛けで頭の蛍光塗料はハゲハゲやけど

ガンガン釣れました

釣れるときはこんなもんなんですよね

帰りに計画通り海鮮バーベキューをガッツリ食べて

帰宅

Vfts0025 家でシンクに広げると24匹ありました(途中後輩に5匹おすそ分け)

刺身に塩焼き、ムニエルと

近所に配っても当分太刀魚三昧ですわ

一番でかいのは

手前にある110cmでした

さ〜来週は小浜に行くぞ〜

posted by しおしだい at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

2010年 釣り日記 27回目 11月6日 小浜

今日は久しぶりのいい天気

いつも、1週間以上も前に計画してメンバーを集っていくのですが

なかなか海況に恵まれない日々が続いてましたが

今回は最高の状態のようです

しかも、1年を通して今が一番釣れる季節

これで釣れなきゃゲストも以後の参加をしてくれなくなるかもしれないと

プレッシャーを感じながら

会社に待ち合わせて7:30に小浜に到着

Vfts0013_2 行く途中、小浜市に近付くにつれて霧がすごいっす

朝早くに出船した人は海上どうだったんだろ???

我々はマリーナに着くと

霧はすっかり晴れてました

そそくさと用意して

いざ出船

本日の計画は

まず、小あじの確保

その後、沖に出て

飲ませと鯛を狙います

湾口まで行って見ると少し波があって

本日の予報は1m→0.5m

そのうち収まるだろうとゲストに小あじを任せて

ちょっとアオリ

今日のゲストはきむっち、たっちゃん、藤原さんです

小あじはたっちゃんと藤原さん

不思議なことに左舷がわの藤原さんが好調

仕掛けが違うといえど

10:1の確立

1時間ほどでそこそこ小あじも確保できたので

沖に向かって走り出しました

ポイントを幾つか確認しながら結局T繰りまで行ってました

Vfts0015 船がたくさんあるので魚探なしでも行けそうです

そこそこの反応を発見したので

アンカーリング

たっちゃんの後ろに

船団が見えます

Tグリに着いた頃には

ベタなぎでした

少したつともっと船が増えてきて

他で釣れてないのかな〜?って不安と

ここで釣れてる情報が回ってるのか?って期待とが交錯します

ま〜船も立ったので胴つき仕掛けを全員で行ってこ〜い

ウマズラが多いみたいで

餌がすぐになくなります

そこそこ遊んでくれますが目的が違うな〜

Vfts0016 って言ってるときむの竿が曲がりました

かなりな引きだったので期待しましたが

52cmのウスバハギ

なかなかの大物なのでちょっと満足

結構刺身がおいしいのでうれしい外道です

仕掛けがダイソーの105円仕掛け

モトスもエダも

ふっとい仕掛けなんで

安心して見てました

大きい針なのでよく針がかりしたな〜

今日はウマズラが多いので餌が無くなっても

いいように擬似餌を付けてる針がいいようです

Vfts0014 ふと海面を見ると「イルカ」発見!!

うわ〜こりゃだめやな

藤原さんは

イルカウォッチング〜

しばし背ビレウォッチングしてもらって

場所移動

小あじにアタリもなく

減ってないので

根魚も狙えそうなポイントに

向かうため東へ

もう風も無く、ベタなぎなので

船も快調に走ります

日も高くなって暑い

厚着してきた服をどんどん脱ぎます

Vfts0017 ポイントでは

のんびりどてらで流し釣り

入れ食いとは行きませんが

ポツリポツリと

何かが釣れます

「カイワリ」

「ハタ」

「ガシラ」

「サバフグ」など等

船を打ち直そうかと「みんな上げて〜」と言った瞬間

たっちゃんにあたり〜

いい感じで竿が曲がって

上がったのは

Vfts0019 36cm マダイ

我が船では鯛と呼べるのが

やっとこさ釣れました

チャリコはそこそこありましたが

ほんま

やっとこです

さすがたっちゃんってですわ

そう言ってる私の竿にも30cmの鯛(かろうじて)

釣れて 11月に入ると下手な私にも鯛が釣れる季節が到来

したようですよ

3:30納竿

日が沈むのが早い〜

皆、同じ考えなので

ボートの洗い場は大混雑

Vfts0020 今日は

色んな釣果に大満足の一日でした

posted by しおしだい at 10:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

2010年 釣り日記 26回目 10月16日 小浜

今回は、天気は上々でも波が高そうです

ま〜いい天気の時にボーっと船の上でしたい

Vfts0001 初登場の岡ちん参戦

後は、野崎君、たっちゃん

船は初の岡チンに

船釣り体調維持に不安がある

野崎君

波が高けりゃ湾内で

のんびりキスでも釣るかと

餌は、石ゴカイもプラスしました

いつも餌には悩みます

無駄なくしたいが、沖に出れるのか?湾内だけだとオキアミだけじゃな〜

ってことで結局色々持っていってしまうんです

Vfts0002_2 見てくださいこの晴天

やったね〜

走行中は

風がもう冷たくなっていて

後ろは寒いみたいですわ

運転席がこれからは

極楽です

夏はだ〜れも運転席には来てくれませんでしたが

これからは歓談しながらポイントに向かえそう

今日もアオリと小あじを狙ってポイント到着

小あじは岡チンに任せて3人でエギを投げました

初ヒットは岡チンのチャリコ

横で私が「小あじ〜」って叫ぶと

そこからガツガツ小あじが釣れてきます

結構忙しくって岡チン「疲れてきました〜」

そんな中「先輩、重いっす〜」

上がったのは「カワハギ」でした

20cmぐらいでしたが

美味しそうですね〜

ですが今日もやっぱりアオリは反応なし

この際なんでもやったろ〜とヤエンも挑戦

活きアジにも反応がなく

しかも、波が結構高くって場所移動

風裏のポイントでやってみると

「おっとドラグが逆回転してる〜」

引っ張ってるのか?

え〜いひとまずヤエンを投入

スルスル〜チャポン

しばし竿先を見つめあわして見ると?????

軽っ??

あ〜糸しかないやん

これは今、巷でウワサの「鯖フグか〜」

2個も海へ奉納

ここらであきらめモード突入

Vfts0003 気持ちは焼肉へ

じゃーん

これが新兵器の焼肉プレート

風が吹き込むと

火力ダウン

徐々に運転席よりに

やっと肉から「ジュー」って

言い出しました

焼き鳥、カルビ、鳥モモ肉を焼き焼きしながら

ビールをぐびぐび「最っ高〜」

2時間の宴会後

そろそろ波もおさまってきたかな〜

と湾の外へGO!!

ですが、船がドッタンバッタン

水深30mぐらいで仕掛け投入

アタリがあってあげてくると「やっぱりおまえか〜」

「さばフグ〜ダブル」

もういやや〜

4:45納竿までフグと戯れました

Vfts0004 今回は珍しくたっちゃんダウン

前日の寝不足が祟ったようです

帰りに湾内で釣果を見ると

あまりの寂しさに

写真なし

魚は岡チンに持って帰ってもらい

港に帰ると

夕焼けが真っ赤っか

美しいな〜

真っ暗な中片付けを済ませ

疲れを取りに「濱の湯」へ

風呂はいいですね〜

Vfts0005 今日は仙台旨カラ味噌ラーメン550円を食し

一路帰路へ

帰りの車中で

アオリ卒業宣言

また来年挑戦しよう

ってことで話がまとまりました

次回は沖に出れる日を狙って

出撃です。

10月は所用でちょっと休憩

11月に行くとするか〜

posted by しおしだい at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

2010年 釣り日記 25回目 10月10日 小浜

最近釣りが中止続きでメンバーが辛抱たまらず強引に出船

前日はどしゃ降り〜

そろそろ秋も真っ只中

しとしと長雨ってのが「秋」

それなのにな〜

波は1m→1.5m

風もやや強め

本当なら中止だけど

土曜も中止をスライド登板した日曜

行くだけでも行ってみよう

朝、北へ向かうと「お〜晴れ間が出てきたぞ〜」

Vfts00471_2 8:00出船

にっこり朝倉師匠

てっさんと谷さんは

仕掛け談義

今日は

アオリを御3方に釣ってもらって

私は小あじを狙います

西に向かう空は

Vfts00481 日ごろの行いがこの青空

児島が見える向こうは

波はどんなんかな〜

5000回転で

目的地へ

軽快にブロロロロロ〜

っと

走りました

赤繰り近くで魚探チェック

いい反応が出たので

アンカーリング

小あじを釣るためせっせとマキエ

10分ほどするとポツポツ釣れはじめ

9:30までになんとか30匹をゲット

てっさんがエギに飽きちゃったんで

小あじで流してると

「おっあたりかな〜??」

リールを巻き上げると頭の後ろがかじられてます

「それはっアオリですやん」

ですがここまで

急いで沖に向かいました

このあたりからちょっと風、ちょっと波

ポイントについて仕掛けを降ろしましたが

みんな針がないやん

「こりゃフグやな」

私はホウボウとフグのダブル〜

Vfts00501 測ってみると「30cm」

まずまずかな

これしかないので

写真をパチリ

最近 貧果やな〜

このへんから

西の空が

ど〜んより

あれが近付くとヤバいっすね〜っていってたら

西のほうからPBが逃げるように

ありゃ、師匠〜やばそうって声が雨にかき消されてしまいまいした

大急ぎで撤収〜

湾内でいろいろ試してみるものの

西風がきつくて風裏へ風裏へと避けてたら

マリーナの側まで帰ってました

ここで納竿

マリーナまで早い早い5分で帰っちゃいました

Vfts00491 今日は

フグ5匹(てっさん持ち帰り)

ホウボウ、チャリコ

他小あじ

私が頂きました

久しぶりのボート

もう少し沖に居れれば

釣果は伸びたと思いますが

安全第一、しかたないっすね

posted by しおしだい at 19:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

2010年 釣り日記 24回目 9月18日 小浜

アオリを釣りたい

この一心でメンバーをそろえました

天気良し、波0.5

色んな情報では絶対釣れると確信してました

Vfts0035 意気揚々で出船して湾内の西へ

数投しますが「し〜ん」

メンバー全員「し〜ん」

まあまあ、次行こうかと

場所を転々としましたが・・・・・・・・

釣れへんぞ〜

なんで??

雑誌で得たにわか情報は全てやってみたのにな〜

いったんや〜めた

ちょっと疲れました

右腕が痛いっす

土産ぐらい釣って帰らんとね

ですが、アオリに時間をかけすぎ〜

しかもアタリが遠い〜

ポイント3箇所まわりましたが

1度 大きなあたりが・・・ですが根に入られちゃいました

ウマズラとチャリコを釣って

第二ラウンドのアオリへ

吸水口で狙ってみました

納竿時間まであと2時間

目の前の筏では釣れてるのに

我々は・・・・・

藤原さんは小あじが入れ食いです

餌用サイズですが、次回はここで

餌用の鯵を釣って沖で根魚狙いに向かおうかな

もう、エギはあきらめて

この小あじで浮き釣りもいいかも

今回はあまりの貧果に写真ありません

来週、乗り合いのイカ釣りに乗りますが

今回のメンバーにお土産を約束しました

意地でも釣ってこなければ

朝倉師匠手伝ってください〜

posted by しおしだい at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

2010年 釣り日記 23回目 9月4日 小浜

今回は最近上がり始めた「アオリイカ」を釣りたいってことで
メインターゲットを「アオリイカ」と設定しました
今回のゲストは、キム、たっちゃん、サトちゃん
天気予報では波1mと台風7号の通過後でうねりがありそう
7時に濱の湯前でサトちゃんと待ち合わせて
7:30には出船
いざ ソトモに直行です
まだまだ残暑厳しく昼間に釣りに出かける船は少なくって
好きなポイントには入れそう
って言ってたら、ソトモを通り過ぎてました
なんたって初めて行くので滝を目印に岸壁沿いを行きましたが
知らないうちに七蛇鼻のそばまで行ってました
こりゃあ 途中で見落としたな〜でバック
GPSで確認しながらやっとこ滝を見つけました
そうそう、たしかこのへんやったでとエギをキャスト
2号のエギがそこにつくまで待ってシャクリます
投げてはシャクる巻く〜シャクるの繰り返し
一向に反応なし、海中を覗くもイカの姿も見えず
波もうねりを伴ってサトちゃんがギブアップ寸前
こりゃやばい、ひとまずなんか釣って気持ちだけでも盛り上げねば
と場所を沖のポイントへ〜
仕掛けを降ろすとガシラ、ウマズラが遊んでくれて
Vfts0023 ボーズを逃れましたがここで、サトちゃんダウン(K.O)
二度と立ち上がることはありませんでした
船の中で横たわる2m弱はでかい!でかすぎるぞ!
運転席と釣座の移動するのにかなり邪魔
釣れた魚を生け簀に入れるときも、
のどが渇いてクーラーを開けるときも
2m弱を動かさなければならず
う〜ん こりゃ次回までになんとかせねば
宿題を貰っちゃいました
Vfts0025 釣果は、たっちゃんが35cmのアコウ、やらハタを釣り上げ
一人気をはくも、私とキムはさっぱり
流し釣りで広範囲に狙ってみましたが
チャリコとベラ、ニギスと嬉しくない来訪者ばかり
今日は「アオリ」がメインだと
吸水口(場所がわからずうろうろ)
ですがここで初めてイカを発見
Vfts0022 キムのエギを追いかけてきましたが
1回の当たりがキムにきましたがゲソのみ〜
ここでひとつ反省、ドラグ調整が必要だってこと
なかなか乗らないので場所移動
マリーナの情報によると双子島付近
夕まずめを狙いに何度か流しましたが
反応なし
Vfts0026 皆しゃくり疲れて4:30終了
アオリゼロに帰りの車で反省会
投げてシャクレば釣れると思ってたので
自分の考えの甘さを痛感しました
帰ってネットで調べると
ソトモの場所を間違ってた??
てっきり滝があったからここだと思ってたんですが
「吹雪の滝」だったようです
でも、ほん裏なんだけどな〜
そんなに変わるものなんかな〜
やっぱ腕??
仕掛けを調べるとリーダーが必須って書いてる〜
PE直結びでやってたわ〜
そんなんで変わるものなのか????
初アオリは厳しい洗礼を受けちゃいました
今月中に必ずリベンジだとワラワラと燃えてきました
posted by しおしだい at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

2010年 釣り日記 22回目 8月28日 大飯

今年3回目のイカ釣り〜
前情報では今年のマイカは絶好調〜
期待が膨らみます
港には昼ごはんを済ませて2:00到着
先に到着しているグループが小アジを釣ってくれてます
船の下にいついてる小鯵をサビキで誘い出しますが
なかなか釣り上がらない
ポツリポツリと10匹ほど生け簀にほうり込み
2:30に出船
今日は南風がきつくって湾の奥でもウサギが飛んでます
幸先不安になってしまいアネロンをごっくん
湾の口まで行くと波50CMで問題なし
真っ直ぐ北に北上して最初のポイントに1時間は走りました
Vfts0021 一応、GPSでこっそり記憶させて来週のマイボートに参考とします
水深60M、錘60号で仕掛けを降ろしますと
1番乗りでチャリコをゲット
2投目でもチャリコのダブルを上げて
好調だったんですがど〜もウマズラがよってしまい
餌がとられてしまいます
今年はクラゲが少ない?
ウマズラが食べつくしてくれてるのかな〜と思いつつ
船は何度か打ち直し
ですが何処に行ってもウマズラの襲来
時間も時間になったのでイカポイントに
西に走って遠くに冠島が見えます
今日は陸からそんなに離れずパラシュートを入れました
仕掛けが絡んで降ろすのに手間取ってる間に隣の長井君は6連で上げました〜
うわ〜出遅れたーと思い左を見ると
朝倉師匠も仕掛けと奮闘中でした
なんとか仕掛けを投入すると
30Mラインで当たります
お〜トリプル〜
今日の目標は50杯
高めに設定しましたが
ここから船中大騒ぎですわ
釣れる釣れる〜
手釣りも出したら忙しくって
もうくたくた
50匹の目標をクリアーしたとき時計を見ると
10時でした。
Vfts0024 こりゃ3桁行けるか〜ってところで
皆さんが疲れてきて早めに終わろうか〜って
11:20ぐらいで電気がくら〜くなりました
Vfts0025 皆、50〜100杯は釣ってるので満足満足
1:00に港到着
2:45まで宴会
8:00朝食
いつもよりぐっすりと眠れた珍しい釣行でした
posted by しおしだい at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

2010年 釣り日記 21回目 8月22日 小浜

今日は夜勤明け
ですが9時30分に家を出て小浜に向かいました
もうすっかり日も上がって(当然やね)温度も鰻上り
いつもは湖西道路のルートをたどって北上するんですが
今日は時間も時間なので京都市内コースを選択しました
少し市内で混んだものの、予定通りの12時着
餌やにコンビにを立ち寄ってこの時間なら
選定ルートは正しかったようです
暑い昼間にボートを出してもらうんですが
我々はクーラーの効いてる筏待合所でもう休憩
海の上は涼しいことを祈って湾内を2000回転で進みます
今日のゲストは初参加の野崎君が居るので
船酔いが心配
湾の外に行けるだろうか?
アネロンをしっかりと飲ませ湾の入り口付近を目指します
後ろのスペースは風が抜けて気持ちよさそうですが
運転席は「無風」
だれもこっちに来てくれな〜い
ポイントに着くまでにビールを1本開けてました
湾口のポイントではいい感じの反応めっけ
すかさず、風を読んでアンカーを降ろしました
P1000051 スルスルっと胴突き仕掛けと天秤を下ろしましたが
し〜んとしてます
仕掛け回収してみると餌が綺麗に無くなってます
これはあいつか?
きむっちが釣り上げてくれました
「ウマズラ」を
やっぱりこいつか〜
いろんなタナを探りましたが
水深40M〜20Mどこでもこいつらが突付きました
仕方なく場所移動〜
昨日から久しぶりにNグリに行こうと決めてたので
東へ5000回転で走ります
船は1隻、先客が居ましたがしばらくすると何処かに
ジギングされてたようです
このへんかな〜って所で仕掛けを降ろすと
チャリコにガシラがパラパラと
ほぼ同じ仕掛けなのに船の右左で釣れるのが変わります
私はチャリコばかり、後ろの立っちゃんはベラばかり
海は不思議ですよね〜
P1000053  初心者の野崎君は「金魚」を釣ってボーズのがれ
4時まで粘りましたが大物は現れませんでした
6時には港に戻らないと真っ暗になってしまうので
後の2時間はアジ釣りに専念
湾内に入っていつものポイントで5:45分までがんばりました
サイズが前よりダウンして15〜25CM
どちらかといえば小さいほうが2連、3連と上がってきます
当たりも群れに当たるとパタパタっと竿を揺らしますが
回遊頻度が少ないようで
なかなか入れ食いとは行きません
そんなこんなで納竿時間となってしまい大急ぎで港に戻りました
P1000052 釣果はアジ 37匹、チャリコ17匹、ガシラ3匹、ウマズラ1匹
でした
今日も濱の湯でゆっくりくつろいで
家には10時過ぎ到着
次回はアオリイカを狙うべし
posted by しおしだい at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 2010釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。