2013年12月15日

2013年 釣り日記 30回 12月14日 紀伊長島

今年の忘年会はカマスでっせ〜

今年もいよいよ大詰めですね

すると毎年恒例の「釣り忘年会」

今年は紀伊長島の石倉渡船で「カマス」狙いです。

去年は泉佐野でタチウオボーズ

こてんぱんに打ちのめされ

(/ω\)

幹事として反省と対策を考えた結果

冬でも出船可能で

ボーズの少ない

というこの2つの条件でソートをかけたところ

紀伊長島の「カマス」釣りとなりました

当日は

西風が強く吹くが天気は快晴の予報

出船時間が6:45なので

キムの家を4:00出発

今回のメンバーは

キム、たっちゃん、師匠、谷さん、池田さん、哲っさんの7名

6:30ごろ石倉渡船に到着すると

師匠組は5:45に到着し

すでに受付済みです。

今日は我々3名が船外機で

師匠と池田さん

哲っさんと谷さん

が、それぞれ手漕ぎボートという布陣で挑みます

石倉渡船で我々も急いで受付を済ませましたが

本日はすごいお客さんです\(◎o◎)/

そんな中、競争馬が出走するように

手漕ぎが出て行きます

その中にメンバー2隻発見

哲っさんが必死のぱっちでY(>_<、)Y

漕いで行きましたが

これ以上蛇行しないであろう

ルート取り(`・ω・´)

操船に不安がよぎったなか

我々も出船です

お店の人に聞くと

カマスは出て左の湾奥がポイントのようです

魚探を見ながら

ポイントへ行くと

もうすごい船が筏に張り付いてます

\(◎o◎)/

そんでチョイはなして仕掛けをおろすと

1投目でキムのメタルジグに来ました〜

キタ━(゚∀゚)━!

そこで我々も筏にくくりつけて

Pc142691 

本格的にこのポイントでスタート

キムはメタルでガンガン釣れて3匹ゲット

私とたっちゃんはジグヘッドにキビナゴを

投げて引いてます

すると私にアタリ〜v(=^0^=)v

フッキングをしっかりすると釣れました30cmのカマス

ここで

師匠に電話

      で・な・い・・・・・・"(>0<)"・ンモォ〜

谷さんへ

      で・な・い・・・・・・"(>0<)"・ンモォ〜

池田さん

      ・・・・・・・「ハイ!」キタ━(゚∀゚)━!

出たよ〜

「釣れてますか〜?」

「全然ダメ〜」

「もう4匹釣れましたよ〜」

ってことでこっちに呼びました

しばらくすると

2隻が大きく蛇行しながら

エッチラオッチラやってきます( ̄Д ̄)ノ

「う〜んまだ慣れてないな〜」

それでもなんとか谷さんと哲っさんが到着

でも筏に接岸するのに

四苦八苦してます(・_・;

Pc142690 

不安定な手漕ぎで立ち上がるもんだから

今にも転覆しそう

これで筏のスペースが無くなったので

師匠と池田さんは

チョイ離れた対岸の筏へ

Photo 

このポイントで魚探の反応を見ると

キビナゴでまっかっか〜

このキビナゴを追いかけてカマスも移動

するようですわ

ここから私も猛追

サンマの塩漬けをちょい投げして

ゆ〜くり底引きしてくると

竿先にクックックっ〜と青い鳥

じゃ〜なくカマスのあたり

これにフッキングを掛けますが

3割程度のフィッシュオン

サイズも40cmほどの大型が出現して

大騒ぎの中

タッチャんは今だボーズ(||´Д`)o

そうこうしている間に魚探の反応がなくなったと同時に

カマスの当たりも遠退き

各手漕ぎボートの状況を聞きに行くと

師匠と池田さんもさっぱり

哲さん、谷さんもボーズ

哲っさんが「あっちで船同士で釣れてるって言ってるで〜」

ってことで

魚探を頼りにポイント散策

するとプロの船がカセに付けて

カマスを釣り上げてます

近くを魚探でみると

確かにまっかっか〜キタ━(゚∀゚)━!

急いで筏に付けて仕掛け投入

するとまたまたヒット連発

ここまでボーズのたっちゃんも

Pc142693 

コツを掴んだのか初ヒット

またまたキムの仕掛けに祭って

迷惑を掛けながらのキャッチ

ここからたっちゃんも好調に釣り上げ

ワイワイやってたら

Pc142694 

池田さんから電話

「どう?」

「釣れて来ましたよ〜」の返事

これで2隻共こっちのポイントに

良い子は筏を渡って来ちゃダメだよ

しかし10時を過ぎた頃から

風が吹き始め

手漕ぎではなかなか厳しい状況に

それでも哲さんがなんとか筏を挟んだ

対面につけましたが

ここで谷さんがサンマの切り身を貰うために

筏をわたってこようとしたらしく

「うわっ!!!!」と言う声で

振り向くと

腰まで海に浸かってます\(◎o◎)/

「谷さ〜ん、大丈夫ですか〜」

「めっちゃ冷たい〜」

普通ならこれでボートに戻るだろうと

見てたらこっちに来るやん!!

しかも四つんばいで

「谷さんど〜したんですか?」

「サ、サンマくれ〜」

Pc142695 

すかさずサンマの切り身を手渡しましたが

なんたって四つんばいですから

ポロポロとサンマが海へ

「谷さんサンマ撒餌してまっせ〜」

でポケットに塩漬けサンマを入れて

帰って行きました

良い子は真似しちゃダメよ(○`ε´○)

手漕ぎは危険がつきまといますよ

この筏の右手にも筏があるんですが

こっちがワイワイやってるもんだから

怪訝な顔して去っていきました

そこへ哲&谷コンビが

移動を試みましたが

このときに師匠の仕掛けが

ボートに引っかかって

大騒ぎ

風がきついこともあって

ごそごそしてる間に

船は考えられない角度に

Pc142696_2 

あわや!転覆って所まで行きましたが

なんとか浸水ですみましたが

本当に危ない危ないY(>_<、)Y

偶然写真を撮ってたので

じ〜くり拡大してみてみると

哲っさんの必死な顔

Photo_2 

そして

師匠の笑い顔

Photo_3 

私が幹事なんで

何事も無かったから良かったが

なにかあったら

後味の悪い忘年会になるところでした

なんとか助かった〜

11:00をまわると

ひときわ風が厳しくなるし

手漕ぎチームは釣れないし

池田さんはカセの中で死んだように寝てるし

その上、谷さんが前の場所に忘れ物したようで

突風が吹く中

またまた移動

そしていつもの転覆しかけて〜の

クーラーも落としかけてるし〜

ここらが潮時と

12:00納竿としました

港に戻るのも

我々が一度帰って船外機を空にして

キムを降ろしてたっちゃんと二人で

救助に向かいました

これを2度繰り返してたら

13:00になってました

釣果はもちろん我々だけで

3人で21匹、オオモンハタ2匹

Dscf1739 

師匠は3匹、池田さんは寝てる間に置き竿にかかって1匹

谷さんは1匹、哲っさんボーズ

でした。

さ〜気持ちを切り替えて

宴会スタートだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by しおしだい at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

2013年 釣り日記 29回 12月1日 宮津

今年もあと1ヶ月で終わります
40歳を過ぎると時が経つのが早いですよね
12月は釣りの忘年会を計画してますが
その前に「宮津丸」へ予約を入れた
ここ宮津丸は12月から5000円で
12〜16時まで根魚狙いで出船する
と〜てもお得なシーズンインなのです。
この時期紅葉シーズンと重なっているので
11:30に到着するとなると
ちょい余裕を持って我が家を8:30出発
メンバーは師匠、谷さん、池田さん
それに船酔いマスターの野崎君
4時間という短い時間なので
なんとか大丈夫だよと
駄々っ子がおもちゃ屋の前で
寝転んでバタバタしてるのを
なだめすかすように諭して
参加してもらいました。
当日は心配した渋滞もなく10:30頃には
宮津へ到着
乗船前に腹ごしらえ
とれとれ市場みたいな土産物屋の中の

Pc012676

レストランで「焼き鯖寿司定食」を注文
窓の外には

Pc012675

穏やかな宮津湾
1組のカップルが外のテラスに座って食事できるぐらい
日差し良し、風なしの
絶好の釣り日和
こりゃええ釣りブログが書けそうです。
11:30に無事到着すると
船着場にはもう船が用意されてて
早速準備スタート
今日は乗り合いで
あと2名乗船されるので
座席はどこかな?なんて考えてたら
軽四でおっちゃん登場
しかも窓から手を出して
その手には仕掛け付きの竿が握られてます
「家からあれで?」って
大いに????????が付きますが
地元の人ならあのスタイルが常識なのだろうか
ま〜地元の人には船尾に座ってもらい
我々は前に陣取りました

Pc012677

12:00には湾を出てチョイ北へ
水深20M前後の浅めのポイントです。
25号の錘をつけて
仕掛け投入するも
反応なし。

Pc012678

今回の餌は船から「オキアミ」がもらえて
後は個人で持ってきた餌
私は「アジ」「タナゴ」
師匠は「キビナゴ」
谷さんは「イカゲソ」などなど

Pc012679

思い思いの餌を付けて
魚にアタック〜
1度目のポイントはイマイチなので
すぐに場所移動

Pc012682

もう少し北へ移動したところで
アコウが釣れ始めましたが
ここで野崎君の顔色が
まるで「土偶」のようになってきました

__igp3463_3

一目見て体調が悪いのがわかるほど
ほどなくして撒き餌スタートしてました
今日はそんなに波が無かったんだけどな〜
スポーツ飲料を飲んでは出し
飲んでは出しで2リッター
先週の自分を見てるよう
******
野崎君はダウンしたが

アコウは面白いように釣れる

時々エソが釣れますが

それは池田さんのクーラーへ

Pc012681

 

今回のアタリ餌は
わたしが持ってきた「タナゴ」
一番下の針に掛けて
降ろすとすぐにあたり
なんと餌切れするまで釣れ続けました
この「タナゴ」ですが
家の隣の人からバケツ1杯もらって
佃煮にもしましたが
さすがにバケツ1杯は食べれないので
残りは凍らして餌に
まだまだ残ってるので
次回の釣り忘年会も持っていこう
******
お土産は十分確保できたし
船長さんも一安心
ポイントを転々としながら半島を北へぐるり
まだ北西の風は吹いてなく
船尾の常連さんが30cmのハタを釣りました
餌はさばの切り身
お腹の部分があるように
斜めカットで見事ゲットしました
さすが「左手にハンドル、右手に竿」っていう
「片手にピストル、心に花束」のジュリー並の
かっこよさで登場するだけはあるな
14:30を過ぎると北西の風がきつくなり
白兎があちこちに顔を出し始めましたので
今度はどんどん南下
途中のポイントで仕掛けを降ろしますが
その後ぱったりとあたりなし
15:30ごろ納竿となりました
師匠が釣った魚を野崎にくれたので
クーラーの中は

Pc012680

アコウ20匹、ガシラ6匹、チャリコ3匹
前回の船酔いのリハビリもできたし
アコウの煮付けで一杯と
大満足の師走初めとなりました

Dcim00111

posted by しおしだい at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

2013年 釣り日記 28回 11月22日 小浜

吉とでるか凶とでるか?

先週は和歌山で大漁〜で

気をよくして大阪湾でタチウオと

もくろんでみましたが

釣果情報を見ると

10月の好調が嘘のような激渋〜

そこで日本海へマイカ夜釣りに

北へ方向転換

結果、21日はやっぱりタチウオ激渋だったようなので

ここまでは吉

(^_-)-☆

さてさてマイカはいかがかな?

早めに行けばゆとりが生まれる

15時出船とのことで

我が家を10時にキムに迎えにきてもらって

余裕を持って小浜へ

途中、工事中連発の鯖街道を通って

餌屋、プラント2でお買い物

13:15に今日の釣り船

「谷久丸」の専用駐車場へ到着

まだ早すぎるのか

まだ、だ〜れも居ません

夏に来たときは船が桟橋にあったんですが

今日は堤防内にとまってます

どこで待てばええのかわからないけど

Pb222657

とりあえず桟橋入り口に荷物を降ろして

ランチタイム

すごい偶然に盛り上がる乗客

しばし待ってると

車が1台やってきて

声を掛けると今日ご一緒する人でした

しかもしかも

夏に息子と甥っ子で来たときに

横に座ってた人でした〜

桟橋で会話してるときに

なんか見たことある人やな〜と

釣り談義してたら

向こうの人も私のことを覚えてて

めっちゃ感動〜

キタ━(゚∀゚)━!

この偶然は

映画館で隣り合った人とまた再会するような

海外旅行したツアーの人が

同じ町内の人だった

なんてぐらいの偶然、いや奇跡と言って

いいでしょう

「偶然は人生のスパイスですよ」って

誰かが言ってました(遺留捜査ね)

(´ε`;)

恐怖はすぐそこに待ってました

出船はチョイ早めの14:40

湾奥なのに磯には波がぶつかって白波が

Pb222658

湾内は全然大丈夫だったんですが

沖に行けば行くほど

波が立ってきて

(゚Д゚)

Pb222660

スプールがバシャ〜と

6名すぐにキャビンへ退散

最初の五目ポイントへ着く頃には

波は2mをゆうに越えて

19bad193

風も北西強し

\(◎o◎)/!

風速10mはありそうで

船尾で五目の仕掛け準備するのも大変

よって仕掛けを降ろしても

手持ちが出来ない

置き竿

何かにつかまってないとこけてしまいそうなほどの

荒波〜\(◎o◎)/!

20100417181051

んで、来ました船酔い〜

五目は早々にあきらめて

キャビンでダウン(/ω\)

9カウントで起上がってみたら

イカポイントに到着してました

18:00からイカ釣りですが

波はいっこうに収まらないし

風に雨まで降ってきて

2度ほど身の危険を感じました

そんななか1時間だけ頑張って

イカ仕掛けを降ろしましたが

釣れる釣れる〜\(^o^)/

1時間で7杯ゲット〜

Pb232661

本当はもっと釣れてましたが

船に取り込むときに目の前で

シイラ?サゴシ?にイカが食べられること数回

食いつく所が見えました

そんで

またまたサゴシにスッテを飲まれましたが

Pb232665

家に帰って回収しました

Pb232667

結局19:00〜24:00まで

キャビンでお休み

完全に10カウント入りました

(/ω\)

キムは荒波、強風、暴雨の中

頑張って9杯

そんで鯖たくさん

Pb232666

船酔いしなければ30杯は

堅かったかな〜

う〜ん残念

今回の収穫としては

私の作ったオッパイスッテで

釣れたってことがわかったので

来年のマイカ釣りまでに

大量作成しとこう

Pb232668

シングルフックなので

ちょい掛かりが悪かった感じがしたので

ダブルフックで作ってみます

 

posted by しおしだい at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

2013年 釣り日記 27回 11月15日 和歌山

天気は完全にたっちゃんの勝ち

そういえば去年の今頃

和歌山のさぶろう丸でいい思いしたな〜

ネットで予約状況を見てみると

結構繁盛してます

やっぱええ船は皆さんわかってるんですよね

ってことで予約は1ヶ月前に済ませ

天気が良くなるように祈り続けて

当日です。

祈り届かず

たっちゃんの雨男ぶりが勝った結果のようで

朝は南風きつく天気も雨

暴風、雷雨注意報が出る中

(・_・;)

6:00待ち合わせ場所に集合です。

Pb152621

さぶろう丸は期待を裏切らない

やや雨が降ってきた中

今日のメンバー、谷さん、池田さん、キム、たっちゃんが

さっさと準備を済ませて

出航〜

Pb152622

和歌山市内では風がなかったんですが

沖の堤防を出ると

北風がきつい

(-"-)

Pb152626

「ふゅーるりーふゅーるりーらら〜」って感じ

スプールが雨と共にカッパを打ちつけてくる

今日は南風から北風へ変わる予報ですが

ちょっと早めに風向きが変わったようです

荒波を乗り越え

なんとかポイントへ

島の向こうから風が見えそうなくらいな強風

船首で釣る私とキムは

船先が海中に突っ込む恐怖を感じながら

:(;゙゚'ω゚'):

竿先に集中

すると私に小さなあたり

釣れたのは中アジです。

ですがさぶろう丸のポテンシャルは

こんなもんじゃあない

ですが10時ごろまであたりなし

北風があまりにきついので

島影のポイントへ移動

ポイントはタカラセ

\(^o^)/

私以外のメンバーは

さぶろうMスペシャル仕掛け

私は自作の仕掛けでやってます

Mスペで釣れだしたら

私も買おうかなって作戦です。

(^。^;)

ここからたっちゃんに「777」と並びました

船中鯛1匹目は40cmほどの

Pb152627

ええサイズ

ここからあたり連発

完全に瀑釣モード

(・◇・)

キムも鯛、チャリコをコンスタントに

釣り上げて

確実に去年より腕が上がってきてます

ここで私もええサイズの鯛が釣れました

キタ━(゚∀゚)━!

しかも仕掛けは「ファミマカラー」

Pb152629

前日に妻へオレンジビニール無いか〜?

って探してたら

ファミマのレジ袋が薄いオレンジ

これを切って針にかけました

(^v^)

ここタカラセは漁礁が荒く

良く根がかりします

もたもたしてると

お祭り〜

・"(>0<)"・ンモォ〜

Pb152628

タッチャんは根がかり

&サワラやスズキをかけては

隣の谷さんとお祭り連発して

仕掛けがくちゃくちゃで

新しい仕掛けを貰ってましたが

船長曰くこれがええスパイラルになってると解説

エダスがくちゃくちゃになると

喰いが下がるそうです

よってエダスだけをどんどん変えたほうが

ええのかもしれません

負のスパイラルは隣に座った谷さんです

隣が釣れる度にお祭り

しかも自分は釣果なしなんですから

たまったもんじゃないっす

・"(>0<)"・ンモォ〜

池田さんは朝の雨と寒さに

珍しくダウン

(゚Д゚)

こんな池田さんは初めてですわ

あの高笑いも聞けませんでしたが

昼をまわると四国の方に青空が

Pb152635

日も差してきて暖かくなって

濡れたカッパも乾き始め

しかも周りで釣れてるもんだから

仕掛けを降ろして釣りスタート

すると

早々にフィッシュオン!

Pb152630

しっかりええ鯛釣りました

そんで

Pb152631_7

待ちに待ってたあの笑い声

でました

「カッカッカ〜」

Pb152632

谷さんはすっかりたっちゃんにやられて

ひとり鯛ボーズでしたが

場所移動の時にたっちゃんとキムが祭ってるのを

捌いてるときに

来ました置き竿での鯛

Pb152633

多分船が流れたので

ちょうどええ感じに誘いになったようです

Pb152634_2

これで、全員鯛ゲット〜

ちょい島寄りの30mラインを何度も流すと

鬼アジ〜

サバ〜

イサキ〜

Pb152646

流しの度に誰かが

または全員が同時にヒットと

もう船中大騒ぎに

船長も大忙し

天気もすっかり回復して

Pb152636

3:30ごろストップフィッシングとしました

マリーナに戻って

Pb152637

いつものように

魚を〆てくれる船長ですが

Pb152642

あまりに数が多くって大変

次回からは〆てもらう魚を厳選しようっと

今回も大漁で

Pb152648

Pb152650

やっぱりさぶろう丸はいいすね〜

仕掛けはやっぱりMスペが良かったようで

作り方も教えてもらったので

次回は自作していこう

やっぱり帰りはラーメンだ

釣りの後はなぜラーメンが食べたくなるのだろう

今回はここ

和歌山インターの近く

「マルハナ」です

Pb152652

パチンコ屋の隣ってなので

パチンコ客相手だとは侮ること無かれ

和歌山ラーメンですが

ちょいくリーミーなスープ

Pb152653

なかなかうまい!

たっちゃんは海苔がうまいといってました

次回はたっちゃんには負けないぞと

家路に向いました

 

posted by しおしだい at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

2013年 釣り日記 26回 11月3日 明石

秋タコもうまい!

タコは夏だと思ってませんか?

いえいえ秋〜冬でも釣れるんです

ただ、秋になるとここ大阪湾では

タチウオ釣りが活況になるので

なかなかタコ釣りをする船がありません

そんな中ここ「俊郎丸」さんでは

仕立てでタコ釣りにでてくれるのです。

しかも、お土産付き

ちょっとバスツアー的な要素がありますが

大潮の3日に予約を師匠が入れてくれた。

朝は意外と暖かい

5:30出船なので

我が家を3:10運転スタート

師匠経由で西明石へ

5:00東二見に到着すると

もちろん真っ暗

Pb032603 

天気予報では曇り一時雨

雨の前だからか暖かい

乗り合いを見ると1m間隔にお客さんが

座ってますわ

出船前のいつもの一言

ここの船頭さんに

いつも師匠が聞くんです

「今日は釣れますか?」って

すると船頭さんはいつものように

「今日はあかんよ」

Pb032605 

毎度毎度のせりふ

いったい何時がええのか教えて欲しい

ま〜ここまでは慣れっこなので

早速仕掛けを準備した

今日の特餌は

夏に大飯ですくった「わたりがに」

Pb032607 

これできっと大漁間違いなし

出船して南へ

ポイントは水深7m

大潮なので潮が早いが

30号の錘で釣りスタート

すると早速、竿釣りの師匠があげた

船頭さん曰く

潮が早いときは手釣り

ゆるいと竿がいいようです。

谷さん、哲っさんも竿でやってますが

私は手釣りでスタートしてました

谷さんも釣れて

私もかなりのサイズが1匹釣れて

なんとかボーズのがれ

船に付いてるスカリにポンと放りこんで

船はポイント移動

ふとスカリを見ると

あれ?タコがいない?

「あっちゃ〜スカリに穴開いてるやん」

これでやる気メーターが50%ダウン

ここらへんから

なかなか釣れず

最初不調だった哲っさんも

ポコポコ釣り上げていきます

嬉しいお土産で

やる気メーター「0」

手で持ってた糸が変な動き?

大きくあわせると

ちょい重い

イイダコ?って思ってたら

「コウイカ」でした

Pb032610 

このコウイカは娘のイカランキング1位

この時期タコポイントにコウイカが

居るようですわ

こりゃええ情報だ

来年からはコウイカ仕掛けを持ってきて

コウイカを狙おうかな

だってタコは船頭さんからもらえるしね

しかも師匠はサバフグ3匹釣ってました

こりゃ餌釣りしたらガンガン釣れそうだね

結局

この満足感でやる気メーターが「0%」に

釣果は5匹でメンバー最下位でした

師匠と哲さんは好調で

13匹、餌はアジ、とりももが良かったみたい

谷さんは8匹だったようです

Pb032611

 持って帰ったのはたくさんですが

その差は船頭さんからのお土産です

船頭さんは都合60は釣ってました

さすがですね〜

船尾で仕掛け5本を使い

サクサクと釣り上げてました

今日はテンヤ2個を一緒に投げるという

大技炸裂

まだまだ隠し技を持ってそうです

 

 

 

 

posted by しおしだい at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

2013年 釣り日記 25回 11月1日 泉佐野

ニョロニョロ釣りをつかんだぜ〜

今回はニョロニョロ祭りに

新規メンバーが参戦しました

その人は「キム」です

そ〜ですこのブログに度々出てくる

カメルーン代表選手です

2度の台風に予定をぶっつぶされて

二人で相談した結果

少々の悪天候でも釣行できる

堤防へ

会社を半日休暇をとって

やってきましたドギーマン。

14:30にキムの家

16:00にドラム缶に到着です

到着すると風がきつい(ーー゛)

Pb012592 

向かい風がすごくって

もうこの時点で寒いっす

風と戦いながらサビキの仕掛け準備

Pb012593 

期待をしながら投入するが

ま〜たくあたりなし

・"(>0<)"・ンモォ〜

11月ともなると夕暮れが早いね

あっというまに

日が落ちてまっくらけ

するとキムに来ました

初アナゴ〜\(^o^)/Pb012594 

サイズはエンピツと筆の間ぐらいかな

ここからポツリポツリと

釣れましたが

タチウオ、アジはまったくダメ!!

(-_-メ)

まわりも釣れてない様子

おとなりの若者が来て

「タチウオですか?

全然釣れませんね〜」って

「釣れたのはアナゴ3匹なのでいります?」と言ってくれて

「病気以外ならなんでももらいますよ」(私)

「・・・・・・・・・(苦笑い)」(若者)

(´・ω・`)

前回に続いてまたまたアナゴを貰えました

20:30 この時点で合計13匹

Pb012595 

ここから3時間ま〜たく当たりなし(・_・;)

潮が止まったようで

ぼ〜と時間は過ぎていきました

すると突然強烈なアタリが

これはアナゴじゃないな〜

魚やな

んで、無理やり引っこ抜いたのは

「フッコ」「ハネ」いわゆるシーバスってやつですね

Pb022597 

良く引いて楽しかったんですが

リリース(´ε`;)

元気に海に帰っていきました

場所移動が大正解〜

00:40 あまりに釣果が伸びないので

新しいポイントを探査するため

場所移動〜

ちょい北へ車で移動

車内で2:00には終了しようと

決めてましたが

いざポイントについて仕掛けを投入すると

私にアタリが連発

キタ━(゚∀゚)━!

当たりを待ちながら

ネッコロガッテ空を見上げると

「あっオリオン座」

Pb022598 

なんてカップルみたいな会話を

楽しみながら

話してると「チリン。チリン」

おっと別の彼女が呼んでるぜ〜と

竿を持って先を見つめる(変な意味じゃないですよ)

しばし合わせのタイミングをはかる

クククッときたら

即合わせ〜

この釣り方で2時間で10匹

キムがなかなか釣れなくて

Pb022599 

釣り方を観察するとど〜も

仕掛けを飛ばしすぎてるみたい

「キム、ポイントは5mぐらいのすぐそこやで!」

とアドバイス

これでなんとか2匹をゲットして

Pb022601_2 

結局3:00までやってました

都合11時間釣って

かなりぐったり

帰ると死んだように寝ちゃいました

釣果は二人で27匹でした

(私16匹、キム8匹、若者3匹)

Pb022602

 ニョロニョロ祭りの釣果も

どんどんよくなってきました

そろそろフィナーレかもね

河内屋菊水丸の喉もかれてきたかな

(河内音頭うたってますよ)

posted by しおしだい at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

2013年 釣り日記 23回 9月23日 宮津

アオリイカの釣り方教えてケロ〜

(あまちゃん見ながらブログ書いてます)

本日はキムとたっちゃんとで

アオリイカだ

我々は初心者なのだ

素人にドレミのドが付くほどの素人なのですが

いつかは上達したい

達人と呼ばれたい

ならば練習あるのみ

だから秋がいいのだ

(あまちゃんのアキちゃんにかけてますよ〜)

(#^.^#)

********

さてさてそれでは本題に

場所は宮津の海友です

この時期5:30出船だということで

3:30に我が家を出発

高速を降りたコンビニでトイレとパンを買って

5:20に到着

受付を済ませて

荷物を積み込んだら

P9232536 

出発だ〜い!!!

*******

うっすらと夜が明け始めると

他のお客さんもどんどん北へ

P9232537 

「みんな北へ向かうんだね」

(春子さんですよ)(^。^)

9月も後半になると

朝もちょっとさぶい

P9232538 

靴下なしのサンダルってのは

ちょっとなめてたかな

たっちゃんからカッパを借りて

なんとか最初のポイントへ

*******

店のおっちゃん曰く

最近は浅場では釣れず

水深15mぐらいで釣れるらしい

その言葉をもとに

岸からちょっと離れて流すが

風がきついのと潮が速くて

3号のエギでは底が取りにくい

底を取れても

コツコツってあたり?

これはフグだね

ってことで

大きく場所移動

周りの船も

点々と場所を移動してるってことは

あまり釣れてない?

数時間あたりもなく

あまりに退屈なので

タイラバでもやってみようか?ってことで

沖を流し釣り

たっちゃんが

ゆっくり巻いてると

でっかい引き

P9232539 

釣り上げたのは

P9232540 

エソ〜でした

続いてまたまたエソと

P9232541 

食べれない魚を釣らせると

天下一品

シオサイラーメンだ

(これもあまちゃんの潮騒にかけてますよ)

******

中層でもアタリがあるので

ゆっくり巻き上げると

フグが追いかけてきます

P9232542 

これまたタッチャんが釣って

P9232543 

いらないってので

私が捌いて持って帰ることに

ここでフグにガブリと

小指をやられました

(-_-メ)

P9232545 

危うく肉を持っていかれるところでした

皆さんも気をつけてくださいね

******

今日はアオリ釣りだよと

思い出したように半島の先へ行くと

東の方で結構な船団

もしかして釣れてる?

それっ急げ〜

先客の

プレジャーボートの人が

ガンガン釣れてますやん

こりゃ期待大

しかし我々もシャクルがさっぱり

ま〜たく乗らず

・"(>0<)"・ンモォ〜

????????

(怒)(怒)(怒)(怒)

な〜ぜ〜だ〜

(ーー゛)

打ちのめされて

13:00

ストップフィシング

今回は

小指をフグにかまれるわ

ティップランの竿は折れるわ

釣れないわ

散々な釣りでした(涙)

釣果は

キムとたっちゃんが釣った

白サバフグ7匹でした

P9242548 

港に帰って

他のお客さんの釣果を聞くと

20杯を釣った人がおられたようです

あの

プレジャーボートの人の釣り方を

3人で「じ〜」と見つめていましたが

柔らかい竿で

あまり投げずに

軽いシャクリを入れたら

ステイさせてあたりを取る

ティップランみたいでした・・・・・たぶん

(;一_一)

ちくしょ〜

「やられたら、やりかえす」

「倍返しだ〜」

ってゼロの倍はゼロなんですけどね

 

 

 

posted by しおしだい at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

2013年 釣り日記 22回 9月19日 舞子

ニョロニョロ祭り第二段スタートだ

前回はアナゴ2匹しか釣れなかったので

もう一度チャレンジだ

次の日に病院に行くので休暇をとったので

木曜日の平日に舞子へ

会社を定時にダッシュして

明石へ

前回と違って今回は渋滞がひどくて

19:30ごろにラムー到着

晩御飯やお菓子を買い込んで

フィッシングマックスへ

200円のアミエビを買って

アジュール舞子には20:00に到着です。

平日なのに結構混んでるね

P9192509

ここ舞子は駐車場がありますが

1時間200円です。

止める前に釣り座があるかどうか

確認したほうがええかもね

車を停めたはいいが釣る場所が無いってことに

なるのでね

我々は運良く前回と同じ場所が

ちょうど空いてたので

荷物を置いて

車を駐車場へ

*********

この釣り座はエギを投げるのにはちょっと投げにくいので

只今好調のアオリを狙う釣人からは敬遠されて

ポッカリと空いてるので

アナゴ狙いの人には狙い目ですね

まずはアナゴ狙いの仕掛けを放り込んでおいて

足元ではアミエビを溶かします

今回のアナゴはダブルフックにしたので

当たれば釣れる確立はぐっとアップ間違いなしだ

期待を込めて竿先に鈴をつけて

エギとサビキ準備

時合いだからかあたらない・・・

アナゴのアタリが無いまま

1時間が経過

「なんか釣りたい〜」(妻)

アミエビも解け始めたので

サビキをスタート

P9192511 

すぐにウリボーが顔を見せたものの

鈴なりにはなりません

今日はサビキもイマイチ?

ポツリポツリと

小鯵が釣れますが

P9192512 

結構バラシます

わいわいサビキで盛り上がってると

P9192513 

横の竿から鈴の音が

「風?エギとお祭りか?」

アタリかも〜

どりゃーと合わせると

重みが違う

ちょっと高めの柵を乗り越えるため

竿を立てて方向転換して足元へ

なんとか1匹アナゴゲット〜

やっぱりダブルフックだ〜

足元に下ろしたら針はずれてました

ふ〜ん

結構強めにあわせたんだけど

それでも外れるのか〜

飲ませるまで待つか

合わせて釣るか

迷うところだね

続いて

2度目のチャイムにがっちり合わせをいれて

妻が巻き巻き

重い重いといいながら

2匹目ゲット

P9192516 

写真を撮った後

ポトリとアナゴが落ちたので

またまた針はずれ

P9192514 

*****

なんだか2匹パタパタっと釣れたので

今が時合いだ

期待を込めて耳すませてみたけど

チャイムが鳴らない

郵便配達か?(2度ベルを鳴らすね)

頭の中で

ジェシカラングは綺麗だったな〜

キングコングのヒロインで有名ですが

こちらの映画でコングの恋人イメージを払拭したようですね

*********

あたりも無いので

妻が綺麗だと薦めるトイレへ

P9192517 

写真が暗くて見えにくいですが

確かに釣り場にしては綺麗です

家族や女性にはうれしいですよね

23時からはサビキもアナゴも

ぱったりと釣れなくなって

釣人達もあきらめて

どんどん帰っていきます

1:00までがんばったものの

1匹を追加して

P9202519 

本日終了

途中サビキをひったくる当たりで仕掛けぶっとびで

シーバスかな?

エギをAKMに付け替えて

投げてみるが当たりなし

今日はアナゴの当たりも少なく

4回の当たりで3匹ゲットは優秀ですね

やっぱりダブルフックだ

近くで皆さんエギをシャクッてましたが

イカはさっぱりだったようです

********

あとから考えると

小鯵も釣れたから

ヤエンをやっても良かったかな〜

次回は持っていこう

 

 

 

 

 

posted by しおしだい at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

2013年 釣り日記 21回 9月14日 小浜

運動会の前日みたいに寝れない夜

6月からたっぷりと時間をかけて

いよいよ自作したスッテを使ってみるときがやってきた

例えるなら

オリンピックのプレゼンを数ヶ月前から練習してきた

佐藤選手のような気持ちで

当日の朝を迎えたのだ

準備は万全

天気も台風の影響を受けずに

なんとか持ちこたえてくれそうだ

おっさんが朝から...

高速がつながって

待ち合わせ時間が1時間ほどずれたので

朝に余裕が出た

そこで、前々から思ってた

「ザリガニで釣れるんじゃないの?」ってのを

実行するため

早速捕獲するため

バイクにバケツ、網を持って

近くの水路へ

あちこちまわって何とか3匹ゲット

P9142488 これで、大物が釣れれば

ザリガニ養殖会社設立だな

五目達成に期待が膨らむよ〜

マリーナには3連休の初日ともあって

ちょっと渋滞で最後に到着

本日の釣座は

左舷の前

隣に師匠と清水さん

P9142489

ビールを1本飲み終えた頃には

船は岸から離れ

一路北上

小浜湾を出ると

やや風があるものの

秋を感じさせる

P9142490 ポイントに着くまでに

仕掛けを準備

ザリガニは

ひとつテンヤにかけて

P9142491

天秤でおろしてみよう

胴突き仕掛けもするのでからむと

釣りにならないからね

今回は水深78M

錘は80号〜

P9142492 

持って行った竿は20号の

このアンバランスが気になるところだ

******

アンカーを1度入れ替えて

漁礁の近くに船がとまると

一斉に仕掛け投入

南東の風がやや強め

底に錘を落として

ひとつテンヤの枝分を

上げて、そ〜と降ろしてを繰り返すと

小気味よく竿先がお辞儀して

上がったのは「チダイ」

ザリガニではなくオキアミにきました

船中、あちこちでチダイがあがり

谷さんから捌いたあとの

「鯛の子」をもらって

これで餌は万全なのです

P9142493  ユムシと間違って食っちゃえ〜

さ〜て後はザリガニで釣るだけだと

思ってはいるものの

一向にザリガニを相手してくれない

なんで????

ちょっと川臭いからか?

その後、ウマズラ、レンコ、サバ、アジと

P9142494  やっぱりオキアミか?

五目は達成したものの

嬉しさ半分で五目タイム終了なのです。

イカポイントまではディナータイムだ

五目は17:00ごろに終了して

イカポイントへ

毎度毎度のことですが

この移動時間はディナータイムと

イカ釣り準備だ

P9142495

今日はひとまず

豊後スッテに餌巻きでやってみて

潮かげんで

2本目投入

P9142496

100杯目指してみます。

師匠の仕掛けをチェックすると

スッテにアワビシール張ってます。

P9142497

しかもなにやらスプレーを

吹き付けてました

行動が怪しい・・・

なんだか嫌な予感がするな〜

******

船尾へ行って弁当を選んでると

P9142498

メンバーで五目の反省会?

P9142499

独演会?が開催されてました

今宵のイカは逃げるのに必死だ

ポイントに着いて

パラシュート投入

錘60号でやり始めました

P9142500

いきなり

私が27Mでヒット!!

餌巻きじゃなく豊後スッテ赤色(修理済み)に来ました

こりゃ〜幸先ええで〜

思ったのも10分で沈黙

2本目のトラトラを出したものの

鯖が清水さんの仕掛けを巻き込んでの

さぶちゃんです(祭りだ祭りだね)

これで

2本を1本へ変更

ライトを点けると

表層にはツバス、鯖

25〜50Mラインにはサゴシに鯖

それに、食べられないタコ〜

師匠はこのタコが仕掛けに絡みつき

釣りにならない状態です

*********

イカが釣れないから

皆、知らず知らずに

船のまわりに浮いてきた

「ワタリガニ」を捕まえ始めました

も〜どんだけ〜って感じです(古っ)

私が欲しいって言ったので

皆さんがすくっては持ってきてくれて

クーラーの中はカニだらけ

池田さんや谷さんは底で大アジ入れ食いでした

私もちょこっとやって

一応お土産確保

**********

イカは釣れないが

私もただ乳首

いやいや指をくわえていたわけでは無いのだ

鉛スッテもやってみた

これに2杯めが来たのだが

ちょうどもう1本にも乗ってて

そっちをあげてたので

置き竿にしてたところでした

よって鉛スッテは師匠に上げてもらったんですが

結局私が上げたのはバレテた〜

この鉛スッテで使ったリールですが

娘から就職祝いでもらったリール

初獲物を師匠が上げたってのが

ちょっと複雑なのですわ

************

餌巻きも不調で

天秤に枝50CM出してやってみると

納竿間近に1杯確保して

終了〜

今日のイカはサゴシやらタコやらから

逃げ回ってて

捕食する暇が無かったかのようでした

深夜の反省会では

師匠のスプレーがタコを呼んだのでは?

という疑惑が・・・・

釣果は

イカ3杯

P9152503 
渡りカニ50匹以上

P9152505 

アジ、鯖、チダイなど等

P9152506 

10月は2本出して100杯狙いたい

 

 

 

 

 

 

 

posted by しおしだい at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

2013年 釣り日記 20回 9月5日 明石

ニョロニョロ祭り開催します

今日は急に思いつき

やってきました明石漁港

しかも妻と二人でニョロニョロ祭りだ

このニョロニョロ祭りって

「魚ドル」の安西真美さんのブログを

読んで

私もぜひ祭りに参加したい〜と

ネットで調べた挙句

足場の良さや、距離など

いくつかの条件をクリアーしたのは

明石漁港なのです。

狙いはなにかといいますと

「アナゴ」

この前の広島旅行で美味しかった

「アナゴ飯」

ぜひ自分で作ってみたい

ってのも動機のひとつ

もうひとつは妻を

釣りに巻き込んで釣行回数アップも

狙って行きたいのです。

*************

当日は平日の夜

会社が終わるのにあわせて

妻に会社まで車でやってきてもらいました

車の中で

釣りモードの小汚い服に着替えたら

いざ、明石へ

ラムー明石店で晩御飯と餌の

「サバ」と「サンマ」を購入

餌代で350円ほど

これでアナゴがたくさん釣れれば

こりゃもうウハウハだな

**********

準備はしっかりしていったほうがええよ

P9052464 漁港へは19:30に到着して

早速真っ暗な中準備スタート

失敗したのは

竿の準備は

家でしてれば良かった〜

電気をつけてはあるものの

やっぱり手元が暗い

これに手こずり時間ロス

それと今日は北風がきついのだ

**********

漁港にはすでに地元の人が

タチウオ仕掛けやエギを投げてます

その近くでお手軽タックルを持った夫婦が

P9052465 いそいそと釣りスタート

サンマを1cm幅に切った餌を

仕掛け針につけて

チョイ投げ

あとはあたりを待つだけの

お気軽な釣りなのです

この程度のハードさが

この前「魔女の一撃」(ぎっくり腰ね)を

くらった妻には

丁度ええリハビリとなるでしょう

********

夜風に吹かれながら

P9052466 夫婦でくだらない話は進むが

いっこうに釣れない・・・

ってかあたりすらない・・・・

21:30を過ぎたあたりから

ボーズ???

こんな静かな祭りってある?

そんな不安を払拭するため

P9052468 トイレと餌の購入

それに場所移動もできる

一挙3得の選択を実行しました

「なんか釣りたい」という妻

餌つけたらなんか来るかな?

ってことでアオイソメを購入して

場所を明石大橋下の

「アジュール舞子」へ

駐車場に車を止め

P9052469 目の前に大橋を眺めながら

2ラウンドスタート

ま〜ラウンドガールは

出てきませんが

ここ舞子は

足場もええし、トイレも綺麗で

家族向けにはめっちゃええやん

後は釣果です

***********

いきなりきました初アナゴ!

ここではアナゴ仕掛けの竿を

1本出してちょい投げ

もう1本にはアオイソメをつけて

遠投しますと

仕掛けが流れて隣の人のエギとお祭り

このお祭りはダメじゃん

ってことでこちらもちょい投げに変更

P9052470 竿先にライトをあてて

見つめてると

来ました「当たり」

3.9mの投げ竿をしゃくって巻くと

あきらかに錘だけじゃない重み

巻き上げると

来ましたええサイズのアナゴ

場所移動していきなりのアナゴに

テンションUP〜

すかさず隣の若者がやってきて

何が釣れたんですか?

アナゴ?餌は?と

立て続けの質問攻めです

隣の人もアナゴ狙いだったようですが

サンマでは一向に当たりなし

これを聞いて今日はサバが

ヒット餌なんだなと判断

これから当たりがボチボチ出はじめました

************

隣の人も同じようにアナゴを狙いますが

ど〜もサンマではダメみたいで

エギをしゃくってましたら

15cmほどのアオリをゲット

それを見て

お〜釣れるんなら暇つぶしに

しゃくってみようかな?と

2.5号のエギを投げますと

これもいきなり来ましたよ

アオリ?って思いましたが

上がったのはケンサキでした

堤防での初ケンサキに

やや興奮気味

写真撮るの忘れました

************

P9062471 妻もナンか釣りたい〜と

横で叫ぶが

なかなか当たりを取れない

あたりはあるが針にかからず

あわせてもすっぽ抜け

妻が気分転換にトイレに行ってる間に

短い竿に大きなあたり

ちょうど帰ってきたので

大きくあわせてみ〜と指導

なんか違うと巻き上げると

リリースサイズですが

アナゴをなんとか釣り上げました

ここらで

1:00を過ぎたので

初ニョロニョロ祭りは終了して

再度ラムーへ

明日のパンやらを買い込んで

3:00過ぎには家で風呂入ってました

*********

P9062472 結果は

アナゴ2匹に

ケンサキ1匹

ちょっと寂しいですが

初めてにしては

まずまずではないでしょうか

反省してみますと

仕掛けの針はダブル針にするほうがいいかも

餌はサバの身だけを食べて

皮が残ってるのが多かったので

身の方に針先が来るようにするのが

ええようです

縫いざしするので

身のほうから針をつけていくのが

ええかも知れません

次回またやってみますわ

さ〜てアナゴ飯だ〜

posted by しおしだい at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 2013釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。