2014年12月30日

2014年 釣り日記 46回 12月30日 布目ダム

最後はワカサギだ

今年の釣り納めに

布目ダムへワカサギだ

そのために銀閣もかったのだから

30日は天気もよくなりそうだし

ただ予報では西風7

ふれあいでは6が限界だが

年納めだから

無理を承知で行ってみよう

今年の釣り46回目

たくさん行った最後ははたして

爆釣で終われるだろうか?

5:30家を出発

真っ暗な中

笠置では霧が深い

運転に注意しながら

Pc301027

ふれあいに6:30到着

車は1台とまってますが

釣り場にはだ〜れもいません

取り敢えず銀閣をセットしてら

Pc301028

ほんのり夜があけてきました

寒いし風がキツイ〜

今日もミャク釣りだが

7mの竿に10本針

すぐに釣れ始めて

手返しもよく

今日は3桁か〜と盛り上がったが

仕掛けがくちゃくちゃになって

自作仕掛けに変えてから

パタッとあたりが止まりました

時々コンコンくるが

針掛かりしません??

Pc301032

なんでやろ〜やっぱり自作やから?

回転ビーズで作ったが

やっぱり直結びがええんかな

ここらから風がキツイ

Pc301030

竿が大きく振れて

仕掛けが浅場に押され

根がかり〜

小雨が降ってくるし

もう寒い・・・・

3個目の仕掛けを出して

やってみるが

時に突風も吹き始め

Pc301029

銀閣に置いてたカウンタ−が飛んでいくわ

撒き餌のバケツに餌箱まで

ダムに落っことす始末

時間も11:30

Pc301031

そろそろ潮時と片付けました

カウンターが無くなったので

またまた数えられず

家で調理前に妻に数えてもらったら

53匹でした

Pc301033

次回までに風対策が必要だな

posted by しおしだい at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

2014年 釣り日記 45回 12月26日 紀伊長島

皆が職場を掃除してるのに

今日は御用納めだ

しかし私は海に浮いている

何故だろう???

それは、飯田が誘ってきたから〜♪

\(^^)/

紀伊長島で

アオリ狙い

前日までは二人で行く予定でしたが

急遽、山本さんも行けることに

そんで前日にカリスマに

ボートを19fから21fへ変更して

当日です。

7時前に出船なので

3:45我が家を出発

山本さんはすでにマリーナで仮眠中との

連絡あり

6:30マリーナ到着して

竿の準備をしてたら

カリスマ登場

21fのボート準備しながら

ポイント説明を受けました

雑談で今日の仕立てを聞くと

「もしかしたら私はでないかも・・・」

とカリスマ

なんでもドタキャンされるかもらしい

\(◎o◎)/!

「ふ〜ん、もうすぐ出船時間なのに

そんな人も居るんですね〜」と

話しながらロープを緩めて

出船です。

Pc261013

座席は船首に山本さん

真ん中は飯田で湾内をゆっくり航行して

赤灯台を回ったところで

スロットルを倒して滑走〜

ダイヤとスズ、どっちがお好み?

最初のポイントは

カリスマが教えてくれた

二つのポイント

ダイヤ(島)とスズ(島)

一日遅いクリスマスプレゼントは

そりゃ〜ダイヤでしょ!

っとアラフィフ3人で

ダイヤ探し、いやいや

ダイヤ島でアオリ探しだ

ダイヤの付近をウロウロ

風を読んで船を流す

水深15〜25m

朝一番で期待だけ膨らんで

あたりのないまま

しぼんで行きました

さすがカリスマカラーだ

元々私は千葉スズが好きだったんです〜

だからスズ島へ行こう〜

もう時間は8:00

1時間ほど経過してる

カリスマから聞いた

場所を流してみる

すると私にキタ━(゚∀゚)━!〜

重いよ重い

Pc261016

胴長30cmの良型

しかも30分後に

またまた2杯目

使ったエギは

Pc261014

やっぱりカリスマカラーだ

風が出てきて

30号ではなかなか底が取れないので

島影に回ってやってみると

キタ━(゚∀゚)━!

山本さんが

Pc261015

「飯田ゴメンな〜」と

竿がグ〜ンと曲がってます

この竿1時間前に移動の時に

折れたティップ竿の代わりに出した

キャスティング竿

硬い穂先で

釣ったのはお見事

Pc261017

船中三杯目に船頭もホット

これでオデコは飯田のみ

前半戦はそこそこの釣果

残す4時間ほど

倍は釣って6杯はいきたいところだが

ここらから

風がどんどん吹いてくる

風を読みながら

前回の仕立てで行ったポイントを

ウロウロするが

あたりが遠い・・・

突風と船が回ると・・・

しかも

風向きがコロコロ変わるので

ボートが回って釣りづらい

鼻歌で

「回る、回る〜よボートは回る〜」

(中島みゆき「時代」)と

「回れ回れメリーゴーラン」

「LA・LA・LA LOVE SONG」(久保田利伸)や

「回って回って回ってまわ〜る〜」

(円広志「夢想花」)など

を奏でてるとあっという間に

14:45

ブザーが鳴る前にマリーナへ

結局3杯

Pc261018

私は2杯でした

う〜んやはり12月のアオリは難しいな〜

ポイントの引き出しも少ないし

帰ってカリスマに聞くと

やっぱり仕立てはキャンセルだったそうです

それなら仕立てに変更しても

よかったかな

Pc261020

来年は6月に剣先を仕立てようと

カリスマに聞くと

もう予約が入り始めてますよ

だって

すっげ〜な〜

posted by しおしだい at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

2014年 釣り日記 44回 12月23日 布目ダム

釣りのペースが早いわ!(妻)

今日は数日前のリトライだ

この前の布目ダムでは

初ふれあい広場で

どんな釣り方がええのか?

またどこが釣れるのか?

しっかり下準備は終わったので

早出出勤の娘を駅まで

送っていった足で

布目ダムへ

7:30にはふれあい広場へ到着して

釣り座の確認

先客がお二人

まだ夜が明けてまもなくて

それほど釣果は伸びてない様子

どこで釣ろうかと見てみたが

いいポイントが無くって

結果かなり傾斜がきつい場所を

チョイスしてみた

Pc231009

後ろも狭くて

幅50cmの坂道で釣る形に

よって「金閣」が使えない

クーラー付きのイスにすら

座れない

それほどキツイ斜面なのです。

私は3回こけました

そんなもんで

持ってきたアイテムがことごとく

使えない

仕方なく

今日は当然手持ち竿

しかもここふれあい広場は

西風が吹くと正面から風を受けて

釣りにくいことこのうえない

日が上がっても後ろが山で

影になるので朝はめっちゃ寒いっす

Pc231008

最初は4.5m竿でやってみるが

短くて深い棚まで探れない

結局底を引きずってしまい

Pc231007

初「ドンコ」が釣れました

これはこれでちょっと嬉しい

臨機応変に釣具を変えるのです

4.5m竿は片付けて

7m竿に変更

仕掛けは

Pc231011

ささめ針の「ワカサギ凄腕」

10本針

餌はサシとラビットですが

なんといっても足場が悪いので

サシを半分に切るとか

ましてや赤虫なんて

針にかけれない

よってラビットが便利でした

ちょん掛けでOKなんでね

水深は3mほどでしょうか

小気味いいアタリとともに

早々にワカサギゲットで〜す

それから手返しは悪いが

ポンポンと釣れます

時に4匹一荷も出て

順調〜

Pc231010

お隣の人は浮き釣りで

なかなか伸びてません

やっぱりノベ竿のミャク釣りだな

アタリを取る釣りは

やっぱり面白い

カウンターは釣り姿勢が悪くて

設置することもできなかったので

家に帰って数を数えたら

70匹でした

Pc231012

今年はサイズがええから満足満足

今回の釣行で

銀閣が欲しくなりました

なんたって斜面でも水平に座れるし

竿受けも付けられるから

手返しが全然違う

銀閣さえあれば

倍は釣れてたかと思うと

購入検討に入ります

次回はマイゲレンデの

焼却場にでも行ってみようかな

posted by しおしだい at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

2014年 釣り日記 43回 12月20日 貝塚

タコがだめならニョロでどうだ

今日は本当は明石にタコ釣りの予定でしたが

前日に「残念ながら中止です」と師匠から連絡

「わっちゃ〜」

確かに雨がキツくなりそうな予報やから

しゃーないか

う〜ん予定が空いたな〜

予報を詳しく見てみると

10〜17時が雨で

その後は西風が吹くが

風速6ぐらい

「ふ〜ん」

「めっけもん広場に行く?」

ついでに夜釣りもしようか

妻が「雨大丈夫?」

行けるんちゃう?

ミカンを買いに行こう〜

そこで13:30出発して

めっけもん広場に16:00到着

ひと袋120円を10袋買い込んで

りんくうのイオンへ

夕食と餌のサンマを買いに

さんまを見ると

1匹44円〜

めっちゃ安いやん

2匹買って車を出すと

雨も止んでる

お〜予報通りや〜

急いでフィッシングマックスへ

餌があるので今回は

妻があったかい靴が欲しいと言うので

靴と帽子を新調しました

その足で貝塚へ

ニョロもやっぱり潮しだいだな

到着は7:30

早速準備して第1投

Pc201002

買ったワークライトもバッチシ

そうこうしてたら

妻がニョロ1匹あげた

Pc201004

今日の時合は満潮は23:50頃なので

22:30ぐらいまでかな

今日の仕掛けは針にうなぎ針を

つけてみた

それに私の仕掛けには水中ライト

餌はサンマ切り身です。

Pc201005

さんまの切り身を作ってたら

小さいお客さんが顔を出しました

「ネズミです」

さんまの匂いにつられて

やってきたようです

Pc201006

途中、色々なお客さんに声をかけられ

「何釣ってるんですか?」

「アナゴ釣りなんです」

「結構釣れますよ」とか

話したりしたら

あっという間に22:30

最後の方はやっぱり渋くなってきて

釣果は11匹でした

Pc211010

今年のニョロニョロも終わっちゃいました

爆釣は無かったが

夜釣りに関する装備がどんどん

良くなってきて

Pc201003

快適になってきてます。

posted by しおしだい at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

2014年 釣り日記 42回 12月19日 布目ダム

ニョロニョロからワカサギに

昨日に爆弾低気圧が通過して

今日はなんでもいい天気になるそうだ

それなら

ワカサギでも行こうかな

でも最近の布目は

水の量が少なくて

私のゲレンデである

焼却場では厳しそう

う〜んだったらどこ行こう?

コスモス?

いや〜初めてのふれあいに

しようかな

当日もかなり寒いし

ふれあいも欲しいしね

Pc190995

家を6時過ぎに出発して

7時20分到着

車を止めて降りていくと

平日とあって

だ〜れもいません

これじゃ

ふれあえないじゃん

Pc190999

う〜ん

釣れてないからだろうか

どのあたりがええのかもわからず

適当に座ってやってみる

Pc190996

しばらくしてあたりは出るが

なかなか釣れない

ちょっとたったら

パタッと止まった

場所移動でもしようかと

思って

ついでに餌を買いに

Pc190997

Y師匠だろうか?

なにわでラビットを買って

再度ふれあいに戻ると

常連さんがやってきて

横に並んで始めました

この常連さんがうまいのです

隣3mほどで

一緒にやってても

どんどん釣れます

Pc190998

私はポツリポツリ

なんだこの差は

右目で自分の竿

左目で隣のプロを

じ〜とみつめてみると

仕掛けはそんなに長くなくて

1mほど

6mの長い竿を使って

タナをマメに変えてます

餌はサシを半分に切って

釣ってました

Pc191000

もしかしてみさきさんのブログに

よく出てくるY師匠かも

名前がYからでした

12時まで頑張ってみたが

針がでかいからかな

なかなか針にかからず

6匹って

Pc191001

寂しい釣果でした

次回は2桁狙いだ

posted by しおしだい at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

2014年 釣り日記 41回 12月13日 紀伊長島

もう1年たったのね

1年って早い

この前釣りの忘年会で

二人(谷さんと哲っさん)が

沈没しかけて

あっという間に

もう今年の釣りの忘年会

う〜んこの1年私は何をしてたんだろう?

成長した?

何を釣ったのだろうか?

そう、私は思い出すために

このブログを書いてるんです。

よって、皆さんに有効な情報発信を

するだとか

釣りの参考になるなんて高尚な

考えはまったくありませんので

あしからず

えっ!

わかってるよって

う〜ん

それはそれでちょっと悲しいが

最初に言ってしまうと

今回の釣りは

まったく参考になりません

またまたあしからず

前日に期待値マックスだ

場所は去年と同じ「石倉渡船」

当日を迎える前に

ビッグフィッシングで

安田さんが11月末に来て

カマスだサゴシだと

釣り上げてる映像を見せつけられ

期待のみ先行しての3:30出発です。

今日はレンタルボートが私、キム、たっちゃんの

3名で

師匠、谷さん、哲っさん、池田さんは

2隻のカセに分かれて

カマス狙いです。

石倉渡船さんは

カセの出船が5:45

レンタルは6:45なので

おのずとマリーナへの到着時間が違うので

我々が行く頃には

既にカセチームは30分ほど釣ってるので

10匹ずつは釣れてるだろう

そんで我々はカマスは任せて

アオリ狙いに行って

夕飯時にはアオリの刺身に

翌朝はカマスの干物で

海の恵みを満喫して

「あ〜今年の釣りも満足ですね」と

笑顔を尾鷲に残して

帰路に着く

って「絵に書いた餅」を

何枚も書いてるのです。

そうはとんやがおろさない

たっちゃんの長便で

6:40我が家を出発し

途中コンビニで買い物

Pc130978

高速を快適に降りて

もうすぐ朝日が上がってきそうな

6:10到着

受付でアオリのポイントを聞いて

準備

Pc130979

今日のボート9馬力とご対面して

師匠に電話

場所を聞いて早速向かう

Pc130981

湾内の波の無い水深12mほどの

ところに対面するようにカセ2隻

聞くとサッパリらしい

Pc130983

「ま〜回遊を待っててください」と

朝の挨拶をすませて

アオリのポイントへ

朝のうちはいいが

昼からは風が出てくると

渡船にお兄ちゃんが言ってたので

前半アオリ

後半カマスと

作戦決定です

たっちゃんがリーダー付けてこなかったので

タルカンにリーダー50cmを付けて

渡したら

Pc130980

PEが穂先に絡んでクチャクチャに

結局もう一度

結び直してる間に

石倉渡船で一番遠いポイントへ

もうすぐ到着だ

Pc130982

たっちゃん「段取り7分、仕事2分」やで!

釣りは家での準備が大切!!

出発前から戦いは始まってるんだ!!!

何度言ってもたっちゃんは応えないのだ

ポイントに着いて

早速ティップランでアオリを狙う

水深が18m前後

風がちょっとキツイ

西の風で岩場へ寄っていく流しで

ちょっと釣りづらい

そこで早々に風向きを考えて

ポイント移動

すると私に来ました

「コンッ」って言うあたり

あわせると確かに乗った

やった〜アオリか?

しかし顔を見せたのは

カミナリイカ(紋甲烏賊)でした

お腹がグリーンに光って

そして背中にキスマークがついてます

取り敢えず晩ご飯の刺身ゲット〜

たっちゃんは根がかり

キムはなかなかアタリが取れない中

私に根がかりだろうか?と思うほどの

重み〜

リールを巻いても上がってこない?

結局バレちゃいましたが

底に着いてシャクった時にかかってたので

タコかもしれません

残念〜

時間も10:30を回って

そろそろカマスか?って

釣ってると

港から大量の船がドンドン出てきました

Pc130985

?????

なになに???

帰ってネットで調べてもわかりませんでした

かます仙人と出会う

さ〜て湾内でカマスでもと

師匠に挨拶

すると浮きを流してしまい

「探してきて〜」と

Photo

カセは全然釣れないどころか

あたりもなし

餌も朝一番に付けたキビナゴが

ず〜と付いてるそうです

哲っさんも池田さんも

Pc130984

カセの上で船を漕いでます

谷さんから

13:00に上がるわ〜と電話

了解しました

ボートは14:00まで頑張りま〜す

そう言ってボートで沖に行こうとしたら

ん?

なんか釣ってるやん

あれ!カマスや〜

魚探を付けると確かに反応あり

それ!カマスに変更〜

ジグにサンマを付けて

落とす・・・・・釣れない

????

でも、目の前の手漕ぎのおじさんは

釣れてる。

Photo_2

2本の竿を使っての両刀使いだ

文字にするとちょっとエロいが

このおじさんは凄い

帰ってマリーナの人に聞くと

渡船の近くに住んでるおじさん

2mほどの短い磯竿みたいな

ヘニャヘニャ竿にキス天秤

枝を1本針でエダス1ヒロほどに

4号のチヌ針に

Photo_3

サンマとキビナゴをちょんがけ

もたれるようなアタリを

あわせて釣るらしい

よく釣るので

石倉渡船の人もやってみたらしいが

意外と難しいんだそうだ

でも次回は絶対やってみようっと

人が釣れて自分が釣れない

釣り人としてこれほど屈辱はないのだ

そんな反省もしつつ

13:40納竿なのです

結局カミナリイカ2杯に

カマス3匹

Dsc01424

晩のオカズはあるが

お土産は無いという

嬉しさ半分である

カセの4名はボーズで

キムもボーズでした

宴会は反省会になっちゃった

さあ気分を変えてバンガローで

宴会だ〜

Pc140987

尾鷲のイオンで買い物して

ウッドペックのバンガローへ

Pc140988

イカの刺身に

カマスの刺身

味噌やさい鍋で

宴会しながら

今回の反省会

Pc130986

その結果

来年はカリスマの仕立てと

レンタルボートでアオリのお土産

をしっかり確保してみようと

Pc140989

話は決まったが

帰りの車の中で

大王崎に漁船をレンタルできるので

それで全員で出船して

近くのバンガローで

宴会ってのもいいな〜と

話がまとまりました

ま〜来年のことなので

今からじっくり考えてみます。

posted by しおしだい at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

2014年 釣り日記 40回 12月5日 紀伊長島

ティップラン研修会に参加

今回は、飯田が段取りしてくれて

フィッシング光栄へ仕立てで

ティップランの勉強会なのです。

先月に飯田が仕立てて行った時は

4杯釣れたようで

すっかりはまってしまい

電話でお誘いいただき

即OKのサインを出しました。

恥ずかしながらワタクシ

「やまだかつてない釣果」(邦ちゃんね)

いや、今だかつてティップで釣ったことなし

そもそも、釣ったことのない人間だけで

レンタルボートに乗っても

釣れるわけがない・・・のかも

(今まで乗ってくれた皆さんゴメンね)

先生のいない教室で勉強?してるような

教習所で教官がいない車に乗ってるような

不安と「ハテナ」が入り混じって

いつもうなだれて反省会でしたが

今回は違う

だってカリスマが居るんですから

カリスマとは?

常人を超える資質を備えた者

しっかりその技盗んじゃる

そんなことを布団の中で考えて

家を3:00出発したら

待ち合わせのコンビニに5:30到着

今日のメンバーは飯田と職場の先輩の山本さん

私を足して3名です。

山本さんも前回の釣行で1杯釣って

すっかり洗脳された御仁

今日はたくさん釣りましょうと

挨拶をすませてマリーナへ

エンジン不調で急きょボート変更

仕立てはこの時期7時出船2:30納竿

先にレンタルボートの見送りをしたあと

Pc050968

われわれ、仕立て船が出ていきます

ですが、エンジンが掛からない

カリスマが焦ってます

Pc050969

バッテリーチェックしても掛からないので

結局、剣先でよく乗ったPBで出船

なんだか不吉な予感

カリスマから3本の矢

出船して最初のポイントへ

水深20m前後

30号のエギを付けたが

風がきついのと潮が早くて

底がわからん!!

ティップランの1本目の矢

底を取るべし

これがわからないと釣りにならないので

エギの鼻先に錘を付けて

40号へ

ごそごそしてる間に

カリスマはもう1杯あげてました

Pc050974_2

しかもでかい

さすがカリスマ

我々のお土産よろしくね

昨日の夜

娘に「アオリの刺身楽しみにしておけよ」

って言ったら

「いつもボーズやん」

「いや今回は保険付きやから大丈夫」

人生やっぱり保険は大切だねって

二人で笑って

話してました

最初のヒト流しで保険適用だ

そんなよからぬことを考えてたら

飯田がかけた

しかも重そうだ

タモに入ったら

前回よりもサイズアップの

納得の1ハイ

008_2

船中盛り上がったが

私はサッパリ

見かねたカリスマが2本目の矢を

私を射抜いてくれた

「シャクリが苦手ですね」

「ハイ!」

「コツはハンドルは固定して

 竿だけを動かすんです」

「こんなふうに」

シャカシャカシャカ

「フムフムやってみま〜す」

ティップはそんなにシャクリは

重要ではないですが

リズミカルにそしてアピールする

方がいいに決まってる

ポイントを転々としながら

実践してると

Pc050970

竿先が「ん?」であわせると

来ましたちっちゃいアオリ

15cmぐらい

リリースしようかと思いましたが

初ティップアオリなので生簀へ

やった〜と喜んで生簀を覗き込むと 

カリスマがすでに5杯ほど釣ってる

恐るべしカリスマ

なぜそんなに釣れるんだ

なんか秘密があるに違いない

Pc050971

エギか?

う〜ん色はムラサキとブラウンの

2個をローテーションしてるだけ

Pc050972

30gか〜

では竿はどうか?

Pc050977

がまかつの高そうな竿だ

30gエギで結構曲がるので

ティップはかなり柔らかめ

だから小さなアトリも取れるのだろうか?

今日のような風がある日は

波に伴うエギのブレを穂先で吸収して

くれエギの安定につながってるようだ

こんなに穂先やわいのでは

私はしゃくれないな〜

すぐに竿先折りそうだ

カリスマが着実に釣るのを横目に

3名はなかなか釣れない

Pc050973

途中1杯私が釣って

納竿まであと1時間

009

ここで3本目の矢

しゃくって止めたエギを

10秒はピタッと止めてね

シャクリよりこっちが大切

とカリスマ 

Photo_3 

フムフム

要は「がきデカ」の動きってことやな

シャクった後は「ピタッ」なんだな

御意!!!

潮が動きだしたのか

ピタっと止めたエギに

コツンとアタリ

合わせを入れたら

来ました

コウイカが

これはこれで嬉しいお土産

本当の納竿間際

Pc050975

飯田が1杯上げて

マリーナへ

結局アオリ12杯(内カリスマ8杯)

コウイカ1杯

Pc050976

私はアオリ2、コウイカ1杯

飯田アオリ2杯

山本さん残念ボーズ

山本さんはカリスマのタモ係みたいに

なってました

12月は私にはまだ難しいかも

ですが

サイズのいいアオリが上がるので

こりゃハマる

次回はカリスマに迫りたいもんです

posted by しおしだい at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

2014年 釣り日記 39回 11月28日 助松埠頭〜貝塚

リハビリでニョロニョロ

前回のニョロ釣行で

妻がこけて膝を強打

打撲と切傷し

今も歩くのにビッコ引いてますが

ラストニョロニョロに誘って

行ってみた

場所は最近アジが好調〜とのことで

助松埠頭へ

Pb280958

15:00ごろ到着して

投げサビキ開始

しかし周りも全然釣れてない

風もなく日もあり暖かいのだが

投げども投げども

一向にアタリなし

Pb280959

そろそろ夕暮れの時合い

話しかけられたオジさんのアドバイスによると

20〜25cmのアジは釣れるけど

いつ釣れるかは

日によってマチマチだそうだ

昨日は夜1:00頃

ポツリポツリと回ってきてたんだって

おじさんは毎日来てるのね

17:00頃まで頑張って

Pb280960

妻がトイレに行きたくなったので

車で場所移動

自由に歩けないので

トイレの度に車で送迎すると

約束しての釣行なので

この際、アジは諦めて

アナゴへ

食品コンビへ行こうかと思いましたが

前回調子の良かった貝塚へ

17:00到着すると

太刀魚狙いのお客がいますが

穴子狙いは居ませんね

早速仕掛けをセットして

放り込むと

あたり連発〜

妻が釣り上げたのは「ガシラ」でした

お〜ええやん

重い重いとまたまた上げたのは

25cmのフグ

う〜んアナゴは何処へ?

ってやってたら

私にアナゴが来ました

しかし、今日はサイズが小さい

あたりはあるが針がかりせず

20:00にトイレで往復して

帰ってくると

さっぱりアタリが無くなりました

ど〜も潮が止まったようです

さっぱり釣れなくなったのと

小雨が降り始めたので

納竿としました

Pb290961

アナゴ6匹にガシラ1匹

う〜ん微妙だ

帰って調べてみたら

やっぱり22:30が満潮で

潮止まり前後1時間は

ダメだな

posted by しおしだい at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

2014年 釣り日記 38回 11月22日 加太

三邦丸で仕立てです。

今回はいつも行ってる乗合船の

三邦丸で仕立てに乗船です。

Pb220942

哲っさんと池田さんが段取りして

くれて師匠を経由してお誘いが

ありました

最近、釣行が毎週になってる上

これからの予定も

12月20日までは毎週ペースで

釣り予定

こりゃさすがに妻に2本の角が

出掛かるかも?

恐る恐る聞いてみると

「ええよ」の三つ返事

ど〜も諦めの境地に入ったようだ

妻が菩薩様に見えた瞬間でした

う〜ん

ならばその手のひらの中で

思う存分遊んでやろうではないか

後ろ髪を引かれることなく

3:30出発して師匠を乗せ

加太のマリーナへ

6:00出船のお客さんがいっぱいで

駐車所は満車に近い

船から一番遠いところに車を止めて

哲っさんに挨拶

Pb220941

13名のお客に

三邦丸の新しい船「ベルデ」に

乗船〜

この船は横幅もあって

とにかくデカイ

4m間隔で座って7万円とは

Pb220949

哲っさんが年権持ってるからかも

ありがとう哲っさん

長生きしてね

今日のメンバーは

師匠に哲っさん池田さん

井上さんに長井くん、大宅さん

他、それぞれのお友達

だから名前も知らない人もいます

4bb7e0b2

今日は五目とカワハギのリレーだ

さて

出船前に餌の準備〜

前日の情報ではアジはエビが

良かったらしく

Pb220944

当然オキアミ

潮が緩んだらカワハギも

行ってくれるので

ナイロン袋にあさりのむき身

Pb220943

これで準備万端整ったところで

船がソロリと動き出した

船は夜走るときは

電気を消すので

日が昇ってないと

真っ暗です

Pb220946

ここ加太は目の前がポイント

ってこともあって

15分ほどで到着

早速五目スタート

狙いはアジ、チャリコ

水深27m

Pb220952

仕掛けは前回に反省したのを

考慮して自作した仕掛け

枝40cm、針はチヌ針4号ぐらい

師匠は船の仕掛け200円を

買ってました

Pb220947

2度目の流しに竿先に反応アリ

アジではないようだと

思いながら上げると20cmちょいの

塩焼きサイズが上がった〜

Pb220950

師匠もチャリコダブルとまずまず

となりの長井君は最初にアジを

水面でバラして

波に乗れない

池田さん哲っさんもイマイチ

大宅さんはサバ、アジと来て

強烈な引きをかわして上げたのは

エイでした

Pb220948

尻尾注意〜

秋なのに日差しが眩しい

今日は日が上がってくると

暑い

ってか朝の温度とのギャップが

ありすぎて

ストリッパーのように

1枚1枚脱いでいきました

そう言えば昔、飲んだ勢いで

東洋ショー(天六ね)に行ったとき

ショーをしてる目の前で

新聞読んでた後輩が

ストリッパーのおね〜ちゃんに

「帰れ!」って怒られてたのを

思い出しました

う〜んいい思い出だな

Pb220951

そんなことを思いながら

時々釣れる魚達とたわむれてると

あっという間に五目終了

Pb220954

カワハギスタート

ポイントを大きく変えて

カワハギ狙いへ

ここ三邦丸でのカワハギ釣りは

胴付で攻めるか

天秤で任せるかって2通りの釣りが

あるらしい

カワハギって基本胴付の

イメージだが

以外に天秤が釣果があがるらしい

Pb220953

勿論、私は天秤でやってみた

普通、乗合できたらどうしても

お祭りが嫌なので胴付に

なるので、仕立ての武器を最大限に

発揮して

天秤キス仕掛けでやってみた

釣り方はシンプル

落としてオモリを引きずらない

ぐらいちょっとあげる

Photo

オモリを引きずるとアタリが

わかんないからね

このギリギリってのが大切

カワハギが違和感なく食べれるような

気がする

カワハギが捕食するときに

下向きか横向きか

どちらが捕食しやすいのか

私は下向きがしずらく

そのためカワハギが急いで食べる

ような気がするんですよね

特に加太は潮が早いので

下向き姿勢でのホバリングが

しにくいのではないか?と

ま〜私のイメージですが

Photo_2

アタリが出たら

大きな合せは不要

リールを巻き始める程度で

ええ感じでした

するとカワハギが針を飲み込んで

上がってくるので

釣れたら仕掛けチェンジ

ただ今回、古い、安い仕掛けを

持っていったので

なんども針が折れたり

枝が切れたりしたので(フグかも)

仕掛けは新しいもので

針はキス針じゃなくカワハギ針

枝も1号より1.5号ぐらいが

ええかも

そーなると自作かな

11:45

終了の「プッ」が鳴る頃

クーラーには8匹のカワハギ

Pb220956_2

あたりは3倍あったので

やっぱ腕かな

でも型のええのも釣れたから

今回は満足、満足

師匠はカワハギ1匹

長井君は胴付でカワハギ8匹

胴付でも天秤でもそう大差ない感じだけど

可能性は天秤があるかも

Pb220957

さ〜て帰って鍋だな

posted by しおしだい at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

2014年 釣り日記 37回 11月15日 宮津

煮付けが食べたいや〜

この前食べたアコウの煮付けが

忘れられなくて

根魚ならたくさん釣らせてくれる

宮津丸さんにいってきた

当日は朝のうちに雨

その後晴れ間が出てくる予報

しかし波の情報が

高い

行けるか不安だったが

風が西風で風裏にいけば

なんとか釣りになりそう

今日は餌が小さな小イワシで

メバル狙いに

前日に聞いたので

急いで仕掛けを作成して

我が家を4:30出発

丹波のやまがた屋で

師匠、哲っさん、谷さんと

合流

6:30には港に到着

港に着いて

車の扉を開けたままトイレに行ったら

猫が入ってきて

座席に座ってました

Pb150927

なんて人懐っこい猫なんだ

でも可愛いね

ふと隣を見ると

ちょうどうっすらと朝日が

Pb150926

上ってきました

船を待ってる間は小雨も落ちたが

出船すると雨はあがって

いいかんじ

Pb150928

船は東へどんどん走ります

その途中はもちろん

Pb150933

師匠は鬼ごろし

う〜ん様になってる

CM依頼がきそうだ

ニューポイントで爆釣だ

宮津丸では初めてのポイント

30分ほど走って

無双ヶ鼻冲

Photo

水深30mライン

後ろのキムもずっと体調不良でしたが

最近やっと復活してきました

Pb150929

首のヘルニアやったんやけど

漢方の薬が効いたみたい

これからまたこのブログの

登場回数が増えるかも

さて

コアジ、小イワシ、去年のワカサギ

を下から掛けて

Pb150931

根掛かりに気を付けながら

あたりを待つと

クイクイと竿先が揺れた

楽しく引きを味わいながら

1匹目なので大切にあげると

30超えののメバル

ワカサギに来ました

そうそう

Pb150932

小イワシは船に置いてある

ハローキティーで

大切に扱って針にかけてね

海中での元気が違うからね

船尾では哲っさんが

型のいいアコウにガシラ、メバルを

コンスタントにあげる

さすがに上手いね

Pb150930

メンテナンスしようよ〜

横を見るとメンテナンス不良のリール

で苦しむ

たっちゃんが一生懸命

糸を送り出してます

Pb150938

クラッチを切っても

糸がでていかないようです

前回の釣りから何も

してないので本体内部で

塩が固着したかもね

まあ今日は30mだから

良かったが浦島ならお手上げやで

最後の方は糸だし作業も慣れて

テンションフォールになってて

結構釣り出しました

ただ根掛かりは多かったけどね

Pb150937

何度も漁礁の上を流してくれて

その度に根魚が釣れる

後ろのキムも

Pb150934

大きな引きを楽しんで

エガシラじゃなく

ええガシラを釣り上げた

ガッペ〜

Pb150935

師匠も竿を大きく曲げて

釣れたのは

大ガシラ〜

Pb150939

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

14:00納竿まで

全員がポツリポツリと

拾い釣り

哲っさんが竿頭かな

谷さんも12匹

船の前に座った4人は

クーラー1個に

数えず放り込んでたので

おのののかの釣果じゃなく

おのおのの釣果はわかりませんが

メバル、ガシラ、アコウの

根魚3兄弟が50匹

Pb150940

私が2匹サゴシを追加して

クーラー満タン

煮付けが楽しみ〜

posted by しおしだい at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。