2016年11月19日

2016.11.5 香川旅行 vol.8 寒霞渓からヤマロク醤油

生そうめんに感動したら

今度は景色に感動しようと

寒霞渓へ

山頂まで車で行けますが

ロープウェイをあえて利用しました

s-CIMG0638.jpg

駐車場が狭いので心配しましたが

車でこられる方は

ほとんどが上まで行くようで

車は少なめ

観光バスか路線バスで来られた方が

ほとんどです

登山する人もいるようです

チケットを買いましたが

s-CIMG0639.jpg

往復1350円

さ〜これだけ払って乗る価値あるのか

乗り場へ

s-CIMG0640.jpg

12分間隔でピストン運動してます

超満員で出発

急斜面を登っていきます

s-CIMG0643.jpg

ラッキーなことにボランティアの方がいて

解説してくれました

s-CIMG0644.jpg

綺麗な景色を眺めてたら

あというまに山頂到着

s-CIMG0655.jpg


s-CIMG0654.jpg

頂上にはすごい人ですわ

お土産屋さんも大混雑

展望台からは瀬戸内海が望め

s-CIMG0660.jpg

紅葉にはあと少しって感じ

半月ほど早かったかな

第二展望所ではかわらけ投げってのがあります

幸せ祈願だそうで

輪に入ればいいことあるんでしょが

これがなかなか難しい

s-CIMG0674.jpg

しばらく見てましたが

入った人は見れませんでした

さて下山して

デザートでも食べようと

ヤマロク茶屋へ

s-CIMG0679.jpg

ここヤマロク茶屋は醤油屋さんが運営してて

醤油プリンが食べれます

s-CIMG0681.jpg

ついでにアイスクリーム醤油がけってのも

注文してると

s-CIMG0682.jpg

続々と人が来て

なにやら見学をしてるみたい

お店の人に「予約がいるんですか?」って

聞くと

( ^ω^)_凵 どうぞ

とのこと

s-CIMG0683.jpg


s-CIMG0684.jpg

s-CIMG0685.jpg

醤油作りの樽などを見せてもらいました

この樽を作る職人が引退したらしく

作れる人がもういなくなったんだって

そこで

この街の若い人達で作れるように

ただいま勉強中とのこと

DVDで作ってるところが紹介されてました

ガンバレ〜

s-CIMG0680.jpg

さて

そろそろ帰宅の時間が近づいてきました

帰りは坂手港から神戸へのフェリーに乗ります

ちょい寄り道して

オリーブ園の道の駅に寄って

s-CIMG0690.jpg

17:45出航

20:55定時に到着して

京都へ

やっぱ神戸までフェリーで帰ってきたら

楽やわ〜









ラベル:香川
posted by しおしだい at 08:49| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

2016.11.5 香川旅行 vol.7 奥之院 笠ヶ瀧寺からなかぶ庵

妻の目的は終わった

じゃあ

今度は私が行きたかった場所へ

それは

奥之院 笠ヶ瀧寺

なんでも、崖を登って行くと

寺があるらしい

鳥取の時もそうだが

なぜか

そんなところが好きなんだよね〜

ナビを頼りに行ってみますが

わからん

ナビの通りにいったら

農道?

こんな道登っていけるか〜(`・ω・´)

んで

もう一度ナビを操作

龍湖寺で検索

すると違った道を教えてくれました

昇る前にちょい小用と

本堂に入って

トイレを探すと

そこに地図発見

s-CIMG0607.jpg

ほ〜この道を登っていくと

駐車場があるんだね

って

めっちゃ急やん

愛車がうなりながら登っていくと

登山口発見

ふ〜

疲れた〜

運転だけで・・・

飲み物とチョコを用意して

登山口に行くと

なになに

8時から2時までしか

s-CIMG0608.jpg

登れませんとな

くどいくらいに注意書きがあるので

不安が募ります

s-CIMG0609.jpg

いざ見上げると

s-CIMG0610.jpg

これを・・・登れと・・・

ゆっくりスタート

鎖を持ちながら

よっこいしょ

s-CIMG0611.jpg


s-CIMG0612.jpg

まさに修行だ

そして振り返ってはいけない

恐怖が襲って来るからね

s-CIMG0614.jpg

といいつつ

途中の休憩場所を経由して

15分ほどで上れました

s-CIMG0624.jpg

見晴らし良し

遠くに中山の千枚田も見えます

s-CIMG0619.jpg

本殿は写真撮影禁止なので

s-CIMG0616.jpg

ここより写真はありません

この穴を入っていくと

s-CIMG0617.jpg

外から急に穴に入ったので

真っ暗闇

目が慣れてきますと

右手に幸せくぐりなる六角形の穴があって

75kgの私がなんとかくぐれる大きさ

閉所恐怖症の私は

登ってきた崖より

こっちのほうが怖かったっす

下山ですが

登るよりこっちのほうが怖いかな

滑ったら多分止まらないね

だから足元しっかり確認しながら

降りてください

途中わき道に入ると

龍王窟

ここは写真OKみたいなので

s-CIMG0631.jpg

中と中から外をパシャリ

s-CIMG0633.jpg


s-CIMG0632.jpg

このあとなんとか無事下山できました

私たちが登ってる時に

2組しか出会わなかったので

間違いなく穴場ですよ〜

さて

ちょい運動もしたので早めのランチ

ここ小豆島での

名産と言えばオリーブ

それに醤油

そしてそうめんだそうです

実は私、そうめんが苦手

ってかあまり好きじゃないんです

そうめんってつゆの味しかしないっしょ

あきちゃうんですよね

でも

ここ小豆島ではなんと

生そうめんが食べれるんです

乾麺ではなく生

パスタも生だとまさに別物

これは食べてみないと

そこで生素麺を食べさせてもらえるお店

「なかぶ庵」へ

s-CIMG0635.jpg

店に入ると

店員さんがメニューは生素麺のみ

サイズが大か普通の2種類

それぞれを注文してしばし待つ

確かに周りのお客さんもそうめんを食べてる

ほどなくして登場も

見た目乾麺と変わらない

s-CIMG0636.jpg

ですが一口食べて

ビックリ(°д°)

これは今までの素麺とは別物だ

どちらかといえば細いうどんに似てる

しかもモチモチ

あまりのうまさにペロっと完食

しかも気に入ったのでお土産も購入しました

小豆島へ行ったら

マストですよ










ラベル:香川
posted by しおしだい at 22:03| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.11.5 香川旅行 vol.6 小豆島へ渡ってエンジェルロード

旅行3日目

いよいよ最終日

香川から京都へ帰るんですが

そのついでに小豆島観光を

やっちゃおう

高松から小豆島へはフェリーで行きますが

今回は四国フェリーで向かいます

なんたって四国フェリーは便数が多いから

とっても便利

高松港から7:20出航

s-CIMG0585.jpg




土庄港へは8:20着

s-CIMG0587.jpg

なぜこの時間の便にしたかというと

このあとエンジェルロードへ行くためです

妻がどうしても行きたいらしい

エンジェルロードは干潮になると

島まで歩いて渡れる道が現れ

カップルで手をつないで渡ると

将来結ばれる・・・

そんなロマンチックな場所

らしい

s-CIMG0590.jpg

なぜすでに結ばれてる夫婦が

手をつないで渡らねばならんのか

理解不可能


心の中では思うものの

夫には譲る戦いも大切なのです

でも

行ってみると結構楽しい

天気も良かったし

景色もいい

s-CIMG0592.jpg


s-CIMG0594.jpg

s-CIMG0596.jpg

s-CIMG0595.jpg

そしてアオリが釣れそうだ

とか

あそこでバイトしてる〜

とか

やっぱり海はいいわ




ラベル:香川
posted by しおしだい at 21:03| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.11.4 香川旅行 vol.5 山下うどんからレオマワールド

次の予定はレオマワールド

その前にやっぱりうどん

金比羅山のお土産やさんで

売ってたお土産用のうどんに

山下うどんなるものが

本で調べるとここから近そうだ

車で10分

第一駐車場にはなんとか1台

停めれました

s-CIMG0516.jpg


このお店は香川らしいコシが特徴

妻も納得

s-CIMG0517.jpg

竹清とランキングで迷ってました

ってことでここは2位だそうです

レオマワールドへ向かって車を走らせて

数十分で到着〜

平日だからかな

ガラガラです

s-CIMG0520.jpg

15:00頃に入園しましたが

さすがにこの時間からフリーパスは

もったいない

んで入園料とオリエンタルトリップに

入れるチケットを購入

乗り物も興味ありましたが

今回は3Dマッピングとイルミが目的なんで

これでOK

入園してすぐにオリエンタルへ向かいます

s-CIMG0525.jpg

そこまで行くのに長〜いエスカレーターを

使いますよ

s-CIMG0523.jpg


s-CIMG0524.jpg

一気に山頂へ

楽チンです。

門をくぐると

モスクバザールがあります。

s-CIMG0526.jpg


s-CIMG0528.jpg

バザールを抜けると

プラサットヒンアルンが見えてきます

s-CIMG0538.jpg



ここはいいですよ

海外に来たような錯覚に

s-CIMG0556.jpg

タシチョゾンが上に見えてますが

そこまで行くのには

猪注意の看板を見つつ

s-CIMG0559.jpg

s-CIMG0557.jpg

長い階段を登っていきます

この建物は大阪花博が終わったあと

移築したんだってさ

懐かしいわ〜

十二望展望台ではまたまた

讃岐富士が拝めます

s-CIMG0551.jpg

自分の干支に向かって

お祈りすると願いが叶うってことで

s-CIMG0553.jpg

妻が早速祈ってました

時間も押してきてまもなくイベント時間

西日本初360度マッピングがモスクで

日が暮れるとぐっと寒くなり

人が集まるのか?と思ってましたが

カップルが結構いました

5分のイベントですが

s-CIMG0568.jpg

とても綺麗でしたよ

ただし見に行くときはしっかり防寒してください

椅子が鉄なので

座布団かおしりに敷くものがあれば

ポイントアップ

そっと彼女に渡したら

絶対喜びますよ〜

プラサットヒンアルンもライトアップされて

s-CIMG0572.jpg


s-CIMG0571.jpg

とっても綺麗

園内全体がイルミされてて

s-CIMG0583.jpg

四国カップルのデートの定番だと思うな



















ラベル:香川
posted by しおしだい at 20:40| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

2016.11.4 香川旅行 vol.4 なかむらうどんから金比羅山

二日目スタート

今日もやっぱりうどんから

丸亀の近くで朝からやってる人気店と

言えば


なかむらでしょ

s-CIMG0467.jpg

細い道を進んで行くと

民家にのれんがかかってます

もうすでに数人が並んでて

さすが人気店だね

s-CIMG0470.jpg

s-CIMG0471.jpg

ここ「なかむら」はなんといっても

かまたま

s-CIMG0469.jpg

香川うどんなのにちょっと柔らかめの

うどんが特徴的

今日は平日なので

限定の肉うどんがありました。

s-CIMG0472.jpg

限定ってやっぱり頼みますね

私がかまたま

妻は肉うどんで

シェアして食べ比べます

妻は朝から肉うどんが重かったようですが

私はかまたまが気に入りました

お腹も程よく膨らんで

さ〜階段のぼるで〜と

金比羅山へ

駐車場はおっちゃんが「こっちこっち」を

してたので

誘いに乗ってみたら

参道口にある「つるや」でした

s-CIMG0475.jpg

ここつるやでは駐車場500円が

お土産1500円買うとタダになるシステム

いいね〜

こりゃここでお土産買うよね

値段がバカ高いわけでもないし

ここでうどんのお土産を買いました

もちろん帰りにだけどね

さて

階段登ってみよう

s-CIMG0474.jpg

レンタルフリーの杖を片手に

お店が並ぶ参道を歩き出す

s-CIMG0476.jpg

朝が早いからか、まだ人はまばら

つるやから200mほど行くと

階段が見えました

上り口にはTVでみた籠屋さん

今日はなかなか乗る人がいないようで

二人が退屈そうにしてます

その人を横目に1歩目

s-CIMG0477.jpg

階段はキツイが

参道の両脇にお店があるので

なかなか楽しい

s-CIMG0478.jpg

s-CIMG0479.jpg

んで、どんどん抜かれていきます

お店をいちいち覗くので

時間がかかりますわ

ま〜急ぐ旅でもないので

のんびり行こう

s-CIMG0496.jpg

って思ってたら

あっという間に本堂までこれました

s-CIMG0487.jpg

s-CIMG0490.jpg

s-CIMG0485.jpg

結構レンタルフリーの杖が活躍

金比羅山って良縁と海上安全なんだって

そういえば歌で

「こんぴらふねふね おいてにほかけて しゅらsyしゅしゅ」

ってのがあるもんね

s-CIMG0497.jpg

たまにはお守りでも買うかと

「金」のお守りを買いました

s-CIMG0504.jpg

s-CIMG0503.jpg

これは金運があがりそうですね〜

妻とわたしと別々に買いましたが

これは、中国の人は買うわ〜

お参りも済んだら下山

途中、25円の焼きたて煎餅を食べたり

s-CIMG0505.jpg


s-CIMG0507.jpg

おいりソフトを食べたり

s-CIMG0508.jpg



おすすめは参道を降りきって

駅に向かう商店街の入口にある

平岡精肉店

s-CIMG0512.jpg

s-CIMG0513.jpg

ここの肉コロッケが絶品

芋がしっとりしてます

ホクホクが好きな人にはお勧めできませんが

衣、芋、ミンチと3層構造で

s-CIMG0515.jpg

ウマイ!!!

これはリピートありですね






ラベル:香川
posted by しおしだい at 21:56| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

2016.11.3 香川旅行 vol.3 北浜アリーと琴弾公園そして一鶴

うどん食べたらさて観光だ

栗林公園まで車を取りに行ったら

帰る途中のパーキングの値段でガックリ

時計を見たらまだ2時間ほどしか経ってないから

時間制のパーキングが

そこらじゅうにあるし

しかも安い

さすが田舎だ

京都や大阪なら

20分200円なんてザラ

直ぐに上限までいってしまうから

「1日なんぼ」みたいな所に

入れてしまうが

このあたりは時間制がオススメですわ

浮いた差額でうどんが食べれると思うとね〜

ちょっと主婦っぽいね

気分を取り直して高松駅前へ

お目当ては高松の若い娘たちが

ニュースポットとして訪れるおしゃれな雑貨店が

並んでるという「北浜アリー」

s-CIMG0455.jpg

ちょい最近はやりの帰国子女のタレントみたいな

感じだね

パンテーンのCMに出てそうだ

車で行ってみると駐車場が無い・・・

そんでさすがに四国最大の都市とあって

結構車も多いわ

グルグル付近を回ってなんとか駐車

そのおしゃれエリアをウロウロするが

う〜ん

街並みが小さい

まだまだこれからお店が入ってくるんだろうね

ちょっと期待はずれかな〜

s-CIMG0456.jpg

夕暮れが近づいてきてるので

ホテルに向かう前にもういっちょ

宿泊予定の丸亀を通り過ぎて

観音寺にある琴弾公園まで高速で

30分

なんでもお金がライトアップされてるらしい

お金と言っても昔のお金

「寛永通宝」が山の上から見れる

これを拝めばきっともうウハウハだな

期待を膨らませて見に行くと

(メ・ん・)?

入口がわからん

ってか人も車も見当たらん

場所間違えたかな?

とナビをゴソゴソしてると

山へ上る細い一方通行の道で

ど〜やら山頂へ行けるようだ

真っ暗な道を脱輪しないように気をつけながら

登ると

駐車場発見

これか?

まったく車もないし人もいない

徒歩3分でビューポイント到着

風がきついし

何より寒い

誰もいないから

なんとなく怖い

結婚前のカップルならアツアツだろうが

50前後の夫婦ではヒヤヒヤだよ

(うどんの注文じゃないよ)

写真を撮って3分で退却

s-CIMG0458.jpg

ホテルに予定した到着時間が遅れると

電話して

今日と明日のお宿

アパホテル丸亀駅前へ

アパホテルっていいよね

なんたって大浴場があるので

疲れが取れるしね

荷物を降ろしてチェックインを済ませたら

絶対行きたかったお店

丸亀駅前にある骨付鳥「一鶴」

香川ってうどんだけじゃなく

骨付鳥も名物料理で

ここ一鶴は骨付鳥の有名店

しかも丸亀は本店なんです。

s-CIMG0460.jpg

予約必須と書いてありますが

なんとか飛び込みで着席

注文は勿論 骨付鳥

「親鳥」と「若鶏」

しばし待ってると

焼きたて登場!!!

s-CIMG0464.jpg

親鳥は固いけど噛めば噛むほど

旨みが出てきます

若鶏は肉が柔らかく

お子様向き

といいつつこっちもうまい

s-CIMG0461.jpg

スパイシーでビールに合いますが

私はただいま治療中なので

ノンアルをぐビット

s-CIMG0463.jpg

丸亀に来たらぜひ食べてみて〜

オススメです





ラベル:香川
posted by しおしだい at 22:09| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.11.3 香川旅行 vol.2 栗林公園と清竹うどん

さて

お腹も落ち着いたところで

観光でもするか

高松といえばここでしょ

そうです「栗林公園」

遠い昔、私が高校生の時に一人旅で

訪れた記憶がありますが

風景は遠すぎてまるで記憶に残ってない

それでは30年ぶりに行ってみよう

今日は天気もいいので

散歩がてらブラリ歩いて

小腹をすかせて

またうどんでもと車を駐車場へ

栗林公園の駐車場は満車!!!

仕方なく北側に回ると

1日700円でお願いしました

おばちゃんに

「東口から回ったほうが景色がいいよ〜」と

アドバイス

素直に東口へ

入場券を払い園内へ

すると幹線道路が近いにも関わらず

ここだけ時間がゆっくりと流れているような

栗林公園と言いながら

松が多いね

s-CIMG0429.jpg

見所は庭園の南側に集中

時代劇に出てきそうな茶店も

あったり

手入れが行き届いてて

いい感じ

s-CIMG0445.jpg

う〜ん高校生の時は

な〜んとも思わなかったな〜

さすがに30年の月日は

私の考えや趣味嗜好も変化させるに

十分な時間のようですね

そんなことを妻に説明してると

お腹もすいてきたので

茶店で団子だ

s-CIMG0442.jpg

最近私は和菓子にハマってる

マツコのTVで洋菓子より和菓子のほうが

痩せるとのこと

直ぐに感化されちゅな〜と


21:00以降に食べたら一緒だよと


ならば証明してやろうと


かれこれ2ヶ月ほど立ちましたが

いっこうに証明できてません

いいんです

団子がうまければ、それで

京都の団子をイメーシてたら

でか!

s-CIMG0444.jpg

でも炭火焼きたて団子は

うまい、うまいよ

団子片手に散策してたら

なにやら人だかり

なになに、なにがあんの?

と覗き込むと

「ハートの椿」???

どれ?(「・ω・`)・・・ドレドレ

・・・・・・・・・・

わからん・・・・・・

すると横からボランティアのおばさまが

あれですよ〜と

指さして説明してくれました

ほ〜あれか

s-CIMG0450.jpg

うん

時期が悪いね

5月に来ないとね

ってことで

2軒目のうどんへ

なんたってここ香川のうどん屋は

閉店時間が早い

麺がなくなり次第ってのが普通

よって閉店時間が書いてあるものの

行ってみたら既に暖簾が上がってない

なんてなってたら

この空いた腹の責任は誰がとるんじゃ〜と

暴れだしかねないので

14:00にセルフうどん発祥の店「竹清」へ

201312011829118ea.jpg

ここはなんといっても「揚げたて卵」

注文が入ってから卵を揚げてくれるので

アツアツ、トロトロの卵が食べれるのである

栗林公園から高松駅に向かって

徒歩5分

のれんをくぐると10人は待ってます

すると店員さんが天ぷらの注文をとりに

来てくれて

うどんが出来るころにカップリングで

食べれるって嬉しいシステム

皆さん当然卵を注文するので

私たちが食べ終わく頃には

「完売」の二文字

遅れてきた人は残念ながらちくわ天のみと

なってましたので

やっぱり早めに行くのがオススメ

ko-56-tyouri.jpg

妻はこのあと食べたうどんも含めて

1位に上げましたから

オススメですよ〜

そりゃ、うどん茹でたて

天ぷら揚げたてを提供してくれるので

まずいわけがないですわ〜



ラベル:香川
posted by しおしだい at 20:59| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.11.3 香川旅行 vol.1 京都から香川で初うどん

病気になったのでキャンセルした香港

でもどこかに行きたい

そこでリハビリもかねて

飛行機に乗らない旅行を計画

香港の字に一文字入ってる

「香」つながりで

香川へうどんを食べに行こう!

朝5:00に家を出発

岡山を過ぎると

対岸に四国が見え始め

瀬戸大橋のSAでちょい休憩

大橋の足元まで坂を下りきったら

大きなSAが登場
s-CIMG0418.jpg
ここでうどん食べる?

いやいや本場はもう目の前

ここはぐっと辛抱して

図書館で借りた「るるぶ」をめくって

高速を降りて一番近いお店へGO!!

さて

本場初うどんは

「宮武うどん」
s-CIMG0423.jpg

かの有名な「宮武」の流れをくむ

ってか店内には宮武で使ってた道具が

飾られてますから

うん

間違いなく本場だ

勝手がわからず

入口でモゾモゾしてたら

お店の人が手招きしてくれました

(メ・ん・)?

中国人と間違えられたか?

ま〜取り敢えず注文だ

やっぱり「ひやあつ」

麺が冷たくだしが熱いんですよ

香川ではこのパターンが多いんだって

注文したらあっという間に

出てきます

牛丼より早い

ちょうど揚げたてレンコンが

目の前に来たので

それもトングで皿へ

妻は「あつあつ小」

こんだけ頼んでも700円

安い
s-CIMG0422.jpg
お味はもちろん「うまい」

京都では丸亀製麺で食べてるので

麺のコシは経験済みですが

逆に宮武うどんのほうが柔らかく感じましたが

小麦の味がしっかり感じられ

うん

羨ましいぜ香川人











ラベル:香川
posted by しおしだい at 20:12| Comment(0) | 四国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。