2018年07月30日

直結仕掛け用に買いました

この前和歌山で調子の良かった

直結仕掛け

でも最近お店では

なかなか3号のスッテが売ってない

んで

見つけた時に買いましです

s-P7290665.jpg

クレージーオーシャンと

無名のメーカー品

s-P7290666.jpg

激安で釣果バッチシ

なんですよね


ラベル:イカメタル
posted by しおしだい at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

泥棒スパイダーに対向しよう

台風が近くを通った先週に

タコ釣りの予定でしたが

中止

朝起きてみたら

大きく台風が渋滞

なかなか上がってこないやん

んで

行けてたな〜

ま〜仕方ない

んで

前回雲丸船長監修

スパイダー泥棒の竿を

じ〜くり拝見してたら

このまがりって

s-P7280655.jpg

VIC150と似てるやん

ならば最近使わなくなったので

s-P7280654.jpg

スパイダーに変身だ

持ってみたらとにかく重い

グリップが重すぎる

s-P7280656.jpg

だいたい手持ち用じゃないから

仕方ないか

それならばグリップを軽いものに付け替えよう

s-P7280659.jpg

まずはVICを解体

s-P7280660.jpg

ナイフを入れたら

もう後戻りできない

どんどんとっちゃうよ

s-P7280661.jpg

むきだしてみたら

ちょっと太い

グリップはAGARIを使います

s-P7280657.jpg

s-P7280658.jpg

長さと径を見ながら

差し込んでボンディング

s-P7280662.jpg

大物が掛かったら折れそうで

ちょっと不安

イカメタル程度なら大丈夫だろうけど

s-P7280663.jpg

s-P7280664.jpg

大鯛がかかったら不安やな〜





posted by しおしだい at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

2018年 釣り日記 24回 7月21日 白浜

夏休みがスタートしましたね

ここのところ

殺人的な天気が続いて

岐阜では40℃って

あかんやろ

そんな高気圧が日本を覆ってるようで

南にできた台風が

上がってこれずに北西にすすんでますが

しっかりと波のうねりが残ってて

白良浜に打ち寄せる波が

浅瀬の岩に当たって

サラシがすごい

s-IMG_20180721_152553.jpg

18時出船のところ

16時についたので

ここから長い〜

ちょっと仮眠したりして

時間つぶし

しばらくすると

白浜のフィッシャーマンズワーフに

代々丸がやってきた

s-P7210645.jpg

今回は2隻満席で

予約した順に呼ばれて

席を決めていくシステム

s-P7210644.jpg

5人がなるべく近くに居れるところで

代々丸の船首側に

左右に分かれて出船

s-P7210642.jpg

堤防を回ると

波がある〜

でも

釣りますよ

s-P7210643.jpg

だって今日は代々丸の満船企画

船中一杯目賞、竿頭賞、一番釣れなかった賞の3賞が

マイクで放送されたら

そりゃもう黒目に炎が浮き上がって

s-P7210646.jpg

投入OKの合図を

スッテ持って「オヌュアマー」

わかる?

位置について用意ドン!

でしょ

「On your mark.」って

わからんわい

船長はさ〜やってみよ〜でした

水深60m

当然底まで落としての早掛け勝負

最初のポイント

全員異常なし

次のポイントは移動10分

ちょっと南に下がって

水深はまたまた60mほど

これまたすぐに投入

タングステンで底まで一直線

底から50cm上げて

竿先に集中すると

キタ━(゚∀゚)━!

おっと静かに静かに

周りにバレないように

そして周りを確認

あっ

左舷の船首の人

あの竿の曲がりは釣れてる〜

ここからばれてもいいから

高速巻き、巻き、巻く〜

んで

海中から一気に抜きあげて

船長にアピール〜

よっしゃ〜船中1匹目〜ゲット

船長が来てくれて

「おめでとうございます〜」


タングスッテ15号をもらいました

s-P7210647.jpg

これでやっと落ち着いて釣れるぜ

と思いましたが

なんたって今日の目標は

前回の53杯オーバー

急がねば

s-P7210648.jpg

と言いつつも

今日は右に初心者の藤原を控えてるので

面倒見ながらもあるので

効率よく釣っていかねば

数が伸びない

しかし

今日はどの船も厳しいようで

イカにスイッチが入らない

前回とは明らかに違う

今日はまったくフォールで当たらないので

違ったアプローチをせねばなりません

棚もコロコロ変わって

横のたっちゃんが釣った棚を聞いて

すぐにあわせても当たらない

s-P7210649.jpg

その棚に居ないのか?

たっちゃんと違うアプローチなのか

あの手この手で誘ってみる

ポツリポツリ釣れるが

藤原が釣れてない

助言をするものの今日のイカは

ご機嫌斜めだ

終了のホイッスル

1時間ほど前になんとかボーズのがれ

カラーはやっぱり緑赤

s-P7210651.jpg

たっちゃんも赤緑で釣ってます


結局、今日の正解は(多分)

船長指示棚から2mほどシャクリ上げ

しっかりステイ

この時竿先に集中

ティップランとおんなじ釣り方ですね

これで棚を下から上に探ってくるのがいいみたい

小さいアタリをしっかり掛けるのが肝だったかな

結果18杯で

s-P7220652.jpg

なんと竿頭だったようで

ダブル受賞〜

年末でもないけど

レコード大賞とアットホーム賞

いやいや

日本有線大賞だったかな

どっちにしても

嬉しい副賞でした

s-P7220653.jpg

次回の宿題はもっと早く

その日の正解を見つけないとダメだな


ラベル:イカメタル
posted by しおしだい at 20:16| 京都 ☁| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

2018年 釣り日記 23回 7月14日 東二見 

梅雨が明けた3連休

妻とどこに行こうかな?

しかし暑い

久しぶりにキス釣りでもと

考えましたが

朝からでるのはしんどいし

昼は暑い

そこで11時ごろ

かな〜りゆっくり我が家を出発

アナゴが好調との情報を得たので

場所は東二見の近く

古宮漁港

昼ご飯を阪神高速の中島PAで

食べて

s-P7140631.jpg

s-P7140632.jpg

休憩所で海を眺めながら

クーラーで涼む

とにかく渋滞がすごいので

焦らずのんびり行こう

明石西で降りて

イトーヨーカ堂で晩ご飯と

スウィーツを購入

s-P7140633.jpg

s-P7140634.jpg

隣のハマイチでエサを買って

漁港に着くと

ダ〜レもいない

16:00

ゴソゴソ用意して堤防の先頭へ

ちょうど干潮時なので

水面が低い

岩も丸見えでここは水深が浅そう

キス仕掛けに石ゴカイをつけて

投げ込んで妻に渡す

横でジグでも投げようか?と

準備してたら

妻が叫んだ

s-P7140635.jpg

んで

ず〜と叫んでる

なになに?

s-P7140636.jpg

ドラグがなって糸がどんどん出て行く

PE1号なのでたいがい取れるはず

やけど半端なく糸が出る

そして

s-P7140637.jpg

飛び跳ねた〜

妻が見たのはタタミ〜

いわゆるエイ

しかもでかい

s-P7140638.jpg

堤防にだ〜れもいないので

端から端へと大移動

糸が100mほど出たでしょうか

プツンっと切れました

s-IMG_20180714_165257.jpg

キス仕掛けでは無理だ〜

これで妻はもう腕パンパン

戦意喪失

s-P7140639.jpg

しばし休憩

妻が体力回復してる間

ジグや鉄板などなど

投げ込んでみるがさっぱり当たりなし

そうこうしてる間に

夕暮れが迫ってきた

ここらで私もアナゴ仕掛けに

しかしま〜たくアタリなし


お隣の釣り人

人見知りしない中学生

地元のセミプロアジンガー

会話が弾んで

楽しい堤防釣り〜

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こりゃボーズか?

っと諦めてたら

堤防の根元でアナゴが釣れたと

中学生情報

それを聞いてセミプロアジンガーが

アナゴならこっちですよと

東を指さした

なんでもアナゴのおっちゃんと言う

地元の人がいるらしく

そのおっちゃん曰く

干潮は✖

満潮がオススメらしい

水が澄んでたほうがいいんだと

確かに来た時は干潮、濁りで

最悪の時間

そして今

水は上がってきて

潮も動き出して流れ出したら

穴子が釣れた〜

s-P7150640.jpg

アナゴ釣りは鈴が鳴るまで

暇なんで

その間、中学生と一緒に

カニ探し

ライトを当てながら見てみると

いるよいるよ〜

網ですくったり

持ってきたイカの内蔵で

抱きつかせたりして

2杯ゲット

s-P7150641.jpg

そして湾内にスナメリ発見〜

そりゃダメだわ〜

こんなところでスナメリ居るなんて

水族館か!

ここでタイムアップ

アナゴも奥が深いわ

昔釣れたんは偶然やったんかな







ラベル:アナゴ
posted by しおしだい at 22:30| 京都 ☀| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

2018年 釣り日記 22回 7月7日 白浜

今日に至るまで

紆余曲折

娘の予定や天気などなどで

予定が変更に変更を重ね

結局は7月7日

七夕の夜に和歌山の白浜にやってきた

中地が幹事してくれて

狙いは剣先イカ

ここ白浜では6月から剣先イカが釣れますが

今年はなかなか好調とのこと

和歌山はやっぱり問題は天気だな

ってか

前日から西日本では豪雨、豪雨

広島や岡山では土砂災害が発生して

大変なことになってるらしい

そんな時に

昼に集合して

飯田、中地、大河内、澤田のメンバーで

やってきた

雨雲レーダーとにらめっこしながら

あ〜だこ〜だ

港についたのは

16:00

s-P7070625.jpg

18時出船だったので

堤防で釣りでもとハネエビをやるつもり

だったけど

現地、爆風&土砂降り

だめだこりゃ

s-P7070624.jpg

ならば仮眠だ

夜釣りなんでウトウトしてたら

そろそろ準備の時間

ちょっとだけハネエビやってみたけど

ま〜たく反応なし

雨は周期的にシャワー状態

船長が「あともう一回雨雲がやってきたあと

風が吹くのでしばし待機で〜す」

う〜ん

もっとゆっくり用意すればよかった

んで

西の空がうっすらと晴れ間が差し始めたら

出船です

s-P7070626.jpg

そして



波〜

s-P7070627.jpg

こんな日にお客が来ないからか

乗合だが

我々だけ

5名で出船

船首は上下に揺れる揺れる

ポイントまでは

波がなけりゃ5分

の距離を20分ほどかけて

やってきたのは白浜沖

水深45m

s-P7070628.jpg

船首には飯田と私

船べりが浅いので

横波を食らうと

落水しそう

そんな中

一投目

まだ明るいから

狙うは底

s-P7070629.jpg

メタリンを落とすと

いきなり来ました

釣れるよ〜こんなに荒れてるのに〜

2杯釣ったところで

ダウン

この場所あかん

落ちそうになるから

釣りに集中できない

場所移動

船の真ん中

飯田の隣に陣取った

ここから釣れる釣れる

最初は直結3号、枝にアジカラーエギ2号をつけて

底には15号のメタル

途中に中地が今日はフォールですねと

助言あり

確かにフォールさせて5秒ほど待つってのが

いい感じだが

イカパンチはあるが掛かりにくい

そこで

メタルを12号のフジワラメタルに変えて

チョイ投げしてテンションカーブさせてたら

途中で触ってきたり

ラインが真っ直ぐになったら

大きくしゃくってピタッと止めてると

乗り始めました

これが正解

1投1ヒットで

22:30早めの納竿

途中雷と豪雨で

20分ほど休憩してたから

実質釣ってた時間は3時間半ぐらいかな

それで53杯だったので

s-P7080630.jpg

釣れたほうかな

飯田と大河内、澤田は

船酔いでダウンして

8〜15杯ぐらい

中地は20を越したところで

休憩してたそうで

みんな波にやられた感じ

次回は波のない日に来たいもんだ




ラベル:イカメタル
posted by しおしだい at 19:48| 京都 ☁| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

タコの天敵作ってみよう

師匠から

「タコの天敵」なるものを教えてもらった

作れるんちゃう?

って言われたので

今月の末に釣行予定が入ったので

早速作ってみた

めっちゃ簡単

ネットで200円で買ったエギに

ステンの細めを用意

s-P7010619.jpg

ってか倉庫に眠ってました

それを活用して

カンナに巻きつけるだけ

s-P7010620.jpg

ちょっと長かったかな

でも


s-P7010622.jpg

実釣でいかがなもんか

楽しみ〜

タコの天敵は赤黄色を使ってるんだけど

今回はもう使わなくなった

マイカスッテを付けてみた

s-P7010623.jpg

さ〜どうかな〜
ラベル:自作 タコ
posted by しおしだい at 20:59| 京都 ☀| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

2018年 釣り日記 21回 6月29日 小浜

妻が今度はいつ?どこに?

となかなかうるさい

何が釣りたいねん?と

聞いてみると

なんでもええねん

たくさん釣れるやつ

う〜ん、晩ご飯なにがいいの?と

聞いて

なんでもいいよ〜美味しいやつって

言ったら怒るくせに

立場変わればしれ〜と

返事するんだから困ってしまう

前日まで悩みに悩んで

なんと堤防から剣先イカが釣れると

情報ゲット

ならば行かねばなるまい

天気が悪かろうと


会社を半日休暇取って

やってきました

宇久漁港

本日、大荒れ予報となってます

米原では竜巻が発生して

神社の屋根などが飛ぶ

大騒ぎの時に

そんな大変なことが起きてるとは

知らず

湖西道路を北上

確かに高島町あたりで

ポツポツが

北に向かうに従って

プラント2に着く頃には

雷を伴っての豪雨

こりゃ止むまで仮眠だなと

19:00ぐらいまで

現地で寝てますが

一向に止む気配なし

幸いここ宇久は風裏に入ってるので

雨さえ凌げれば

と言うか

雨さえ辛抱すれば釣りにはなる

んで

もう辛抱たまらず

私だけが出撃

やや小雨になって来たのを

見計らって

堤防先端の1級ポイントへ

通常ここは誰かが釣ってて

なかなか入れないポイント

ウキ仕掛けを投げ入れて

傍らでエギで誘う

浮きにはキビナゴをつけて

棚下1.5m

回遊待ちになるので

エギをコアマンvj−16に変えてみたり

するがま〜たく反応なし

和歌山にするべきだったか?

と脳裏をよぎる

あまりに退屈なので

メバリングもやってみた

「釣りキューブ」の釣り次郎が

言ってたとおりに

ヘチギリッギリを

落としてゆっくりゆっくり

巻き上げると

小気味いいアタリで顔を出すのは

定番ミニラ

1530411253432.jpg

スパテラ2インチはやっぱりいいね

(・∀・)イイネ!!

ほぼ入れ食いだが

流石にリリースばっかり

メバルはいないかと

船影を狙って

3mほどキャストして

これまたゆっくり巻いてると

ガシラより大きいメバルゲット

1530411247779 (1).jpg

このあたりで

雨が止んだので

妻が出撃してきましたが

23:00までサビキでもノーフィッシュ

ミニラで遊んで納竿としました

帰りに別の漁港の下見として

食見、世久見、釣姫、田烏と

回ってみましたが

釣り人発見できず

ってか風がきつくて

堤防で立つのも危ないぐらいの爆風

こんな日はきちゃだめだ〜
ラベル:ミニラ メバル
posted by しおしだい at 10:00| 京都 ☁| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

2018年 釣り日記 20回 6月22日 小浜

数日前に飯田からラインで

「バチコンでええのあがってますよ」


釣り人でないと

解読不明の送信

すぐにスマホで釣果確認

たしかに小浜で好調のようだ

今なら金曜に空きあり


予約を入れてもらって

先週の月曜

大阪北部地震が発生し

行けるのか?

とメンバーの安否や

被害状況を確認して

やってきました

小浜のf−cloud

バチコンアジングの産みの親

雲船長の船で

メガ、ギガと

いっときのマクドの宣伝文句を

活用した

とにかくでっかいアジを釣りに来た

s-P6130591.jpg

s-P6130593.jpg

今まで2度ほどバチコンアジング

やってはみたが

いい思いしてないので

今回も「ま〜釣れたらいいかな〜」

と軽いノリでやってきました

港には16:00到着

s-P6220606.jpg

出船は18:00

早く着きすぎる〜


しばし仮眠

同船する車がちらほら集まってきた頃

雲船長も到着して

中地が

「先輩そろそろ準備しましょか〜」と

アフタヌーンコール

ZZZZZZZZ

今日は3本タックルを用意してきた

なんでも使うオモリが

10〜30号と

なかなか幅広い

10、20、30と

それぞれにベストマッチの竿を

用意してきた

バチコンはあたりを取って

かける釣りなので

繊細な穂先にしっかりとした

胴があったほうがいいので

持ってる竿で代用可能なのは

イカメタルとティップランかな

ベイトとスピニングを組み合わせて

用意してきました

中地は前日にブンブンで

雲船長がプロデュースした

泥棒竿のスパイダーモデル(くもだけに)を

買ってきた

s-P6220607.jpg

なんて金持ちなんだ

使わなくなった竿やリールを

下取りしたので

1万ちょいで買ったらしいが

私には真似できないわ

私は下取りされた竿を

買う側だな


ちょっと竿を見せてもらったら

かなりやわい

いわゆるペランペラン竿ってやつかな

この曲がり方がいいってことは

アカイカマイカかVIC150と

同じ曲がり方のようだ

もちろん竿の重さが違いますが

次回はそれを改良して持ってこよう〜

s-P6220608.jpg

しかし

周りの乗客を見てみると

泥棒竿だらけ〜

みなさんお金持ちやね


ここで反骨心に火が付いた

お金で釣果を得ようとする

大企業的な考え方の皆さんには

負けませんよと

夢と知恵で勝負だと

中小企業の底力

見せたるわい

と下町ロケットの阿部寛さん

(関西弁ではありませんが)

に自分を重ねて

出船して沖を眺めながら

決意表明

「負けへんで〜」

s-P6220609.jpg

さて

夕暮れが近づく中

船は1時間ほど走り

やってきたのは

高手グリ(だと思う)

s-P6220610.jpg

漁礁の上をどてらで流すが

ガシラ団地とガシラマンションの

上を通過したようで

ガシラのオンパレード

船長判断で

やや移動

アンカーを打って

釣り始めるが

反応なし

ふたたび移動〜

魚探には水深55m

底に小さい反応と

30〜40mにベイトの反応

船長いわく最近イサキも上がってるので

20付近まで探ってね

とのこと

1投目で早速船首の人に

何かが釣れた

上がってきたのは

チカメキントキ

続いて出ました

メガアジ〜(船首の人)

お〜釣れてるやんと

盛り上がってきました

ワームのカラーや種類、サイズを

変えて探っていきます

船首では連発してますが

なかなか船尾はつれません

よって

釣れてる人の分析スタート

ドラゴンボールのスカウターの

スイッチを入れました

釣り方と棚を

見てみると

ど〜もアジは底付近のようで

ワームカラーはグロー

形状からして「海毛虫」と解析

それを中地にも伝えると

キタ━(゚∀゚)━!

1.JPG

中地と私の同時ヒット

どちらもええサイズのアジ

そうそう今日の釣り座は

飯田がじゃんけんで負けて

2名と1名に別れないとならず

船の右左に分かれてるので

飯田の情報は皆無

このあたり船で融通してくれたら

ええんやけど

やっぱりグループで

集まりたいわな〜

3.JPG


釣りの話のもどると

私はベイト竿に持ち替えて

海毛虫をゆっくり40mぐらいから

フォールさせてたら

ガツンときました

(メ・ん・)?

なになに

ドラグが出てくけど?

これはアジじゃない


顔を見せたのは

45cmの真鯛でした

2.JPG

う〜ん

もう帰ってもええよ

ど〜も35m付近のベイトに

スルメと真鯛がついてるようで

それが海毛虫に反応してくれました

立て続けに

さらに強い引き

40mから上がってこない〜

巻いては出る

巻いては出る

のやり取りで

20mで痛恨のバラシ

あげてみると

針が伸びてました

船長がどの針使ってんの?

針見て

こんなんあっかい

これ使いと

ヤリエの0.4gをくれました

最低でもロクマルはあったな〜

次回の宿題やな

アジですが

結局2匹で

s-P6230612.jpg

鯖に真鯛と数は少ないが

s-P6230613.jpg

大満足

飯田はアジ6匹、チカメキントキ

s-P6230611.jpg

中地はアジ3匹、チカメキントキでした

今日のバチコンは

ブーティーシェイクも良かったんですが

海毛虫のスーパーグローが好調だったようです

釣り方は

底をとってのダダ巻き

これって鯛ラバとおんなじですよね

それに時々ステイさせて

あたりを合わせてました(船首の人が)

今回メインで使ったのは

CROSTAGE CRJ-B662NS/TR

真鯛やデカアジも釣れたので

問題無し

胴がちょっと硬いので

デカアジだとばれる心配が

あるので

同調子の竿が安心だと思うので

次回までには

VIC150を改造してみよう

なんにしても

ワームはカラー、形とも

色々あったほうがええと痛感しました

その日のヒットワームに

対応するためにも

準備は必要ってことですね









posted by しおしだい at 23:00| 京都 ☁| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

2018年 釣り日記 19回 6月16日 紀伊長島

数ヶ月前から

娘が結婚する旦那と釣り行きたい〜と

懇願されて

休暇をあわせて

6月16日

どこにしようか悩みましたが

根魚が釣りたいと要望

う〜ん

4名でボートに乗るとなると

宮津?と思いましたが

紀伊長島のカリスマのところに

お願いしました

当日は前日に2.5mの波が

2mに下がるがうねりあり

梅雨ですが天気がいい

晴れ男の私と晴れ女の娘に

雨男の旦那が負けた形となり

伊勢自動車道の山間では霧が出てます

6:00出船なんで

5:45分ほどに到着して

カリスマに挨拶

今日は波が高い〜とのことで

こっそり剣先イカも狙う予定でしたが

カリスマから

波が高いと岸から離れるようで

厳しい宣言

ま〜取り敢えず出てみようと

用意を済ませたところで

なんと今日の仕立ては

村上晴彦が来る模様

なんと村上晴彦氏は旦那の憧れ

大好きな人〜

これでもう旦那のテンション↑↑

s-P6160596.jpg

「もう十分満足です!」

いやいや釣ろうよと

s-P6160598.jpg

沖に向かってスタート

堤防を出ると

・・・・

波高っ!!!

・・・・

こりゃ

だめだ〜

取り敢えず剣先のご機嫌うかがいに

ポイントに行ったものの

波が高くて

船は揺れるし

竿先も揺れる

恋人も揺れる街角

いやいや

揺れすぎて

メンバー酔はじめ

こりゃ場所移動せんと

16時までもたんわ


風と波裏で穏やかなところで

のんびりフィッシング

仕掛けはバチコン

10号のオモリに枝30cm

ワームにペケリングをつけて

下ろすと

釣れる釣れる

ベラばっかり〜

磯ベラ、キューセン、ササノハ、オハグロベラ

オハグロベラって

s-P6160599.jpg

アマゾンに似てるよね〜と

我が家族ではオハグロベラのことを

以後アマゾンと呼びます

途中、カリスマの仕立てのそばを遠た時に

村上晴彦さんが手を振ってくれました

ええ人やわ〜

s-P6160604.jpg

s-P6160601.jpg

このあと

あちこち行っては頑張ってみるが

ガシラやミニアカハタ

s-P6160600.jpg

s-P6160603.jpg

s-P6160602.jpg

小アジに小鯖

なんにしても波が高くて

ポイントに行けず

寂しい釣果

s-P6160605.jpg

16:00港に戻ると

村上さんがいました

旦那さんは緊張して

近づけないんだってさ

釣果はイマイチだったけど

まあ満足したみたいなので

よしとしようかな

posted by しおしだい at 23:00| 京都 ☁| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

2018年 釣り日記 18回 6月9日 明石

10日ほど前

師匠から

「ありちゃんから連絡あって

 9日タコ釣り仕立てで2名空いてるらしいけど

  どう?」

「俺はいけへんけど・・・・」とお誘い

「予定はないんでもちろんOKです!」

ではお供は誰にしようか?

イヌ?キジ?サル?

誰がイヌでキジなのかってのは

置いといて

そういえばタコ連れて行ってくださいよ〜と

ラブコールを受けていた

野崎に声をかけた

s-P6090581.jpg

そして

そろそろ竿とリールを持ってみれば?と

ステップアップを提案

まだまだ初心者なんで

高級品は不要

セットで売ってるやつで十分と

買ってきたのは竿とリールセットもので

7000円ほど

長さは2m 多分プロマリンの竿です。

固めと柔らかめと迷ったんですが

柔らかめをチョイスしたらしい

s-P6090584.jpg

出船は6:00

5:00に集合とのことで

明石港の西

釣り船「角田」

港に4:40ごろ行くと

すでにメンバーが揃ってました

挨拶したものの

この港にトイレがないので

近くのコンビニへ

今日はしかし

すごい霧です

s-P6090582.jpg

ここは摩周湖か?と思うぐらい

周りが全然見えない

堤防際をテクテク歩いてると

なんと大きな魚体〜

なんや〜とじっと見ると

弁慶や〜

しかも対のようです

2匹50cmほどのコブ鯛が

見れて今日はえんちゃう

さて、船長も登場して

5:40出船

霧があるのでデッドスロー

s-P6090585.jpg

仕掛け準備して

今日は私はタコエギでスタート

港を出て5分

水深20m

潮が早いので

40mは出ます

んで

早速、根がかり〜

s-P6090583.jpg

(;_;)

タコ嵐いきなりロス

凹むわ〜

船長も見かねて

すぐに移動

沖に向かって20分

船団が集まってるところを

流し始める

久しぶりの釣りで

タコの当たりが思い出せない

なかなかあたりが出ないまま

船中1杯目が私に来ました

200gほどの小さなタコ

タックルはいつものハゲ御用130

(^O^)

電動リールをつけました

s-P6090586.jpg

誘いを頻繁に掛けて

違和感があったらちょっと待って

合わせます

潮が早くなるまでの前半戦

私6杯

小型ばかり〜

s-P6090587.jpg

この時期はなかなか

大型が出にくい

潮が早くなると

底をとってもすぐに仕掛けが浮いてしまうので

タコの射程距離から外れてしまう

タコエギは斜めに出て行ってしまうと

誘いがかけられないので

ほぼテンヤとおんなじ状態

結局潮が早い時はほとんど釣れず

s-P6090588.jpg

13:00までの

潮が緩んだところで

なんとかツぬけの10杯でした

野崎は悲しいボーズ

s-P6090589.jpg

帰りに明石の魚の棚で

1800円のタコ購入

私の10杯はこの度結婚して社宅に入った

娘にすべて持って行きまいsた

う〜んこれからは娘に持って行くのが

増えそうだ



ラベル:タコ
posted by しおしだい at 22:00| 京都 ☔| Comment(0) | 2018釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。